一般事務で働く・転職する/一般事務の仕事

会社の年賀状…宛名書きの書き方

会社宛ての年賀状の宛名書きでは、部署名や肩書きをはがきの限られたスペースに書かなければなりません。ここでは、ビジネス郵便葉書きの書き方をわかりやすくご紹介します。

執筆者:平井 実穂子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状の季節です。年賀状の宛名書きを頼まれる事務担当者も多いはず。
個人に出す時と違って、部署名や肩書きを書くことがほとんどで、限られたスペースにどういう風に書いていいか悩むことも多いです。
高宮暉峰先生に、会社あて年賀状の、宛名書きのコツを教えていただきました。

<CONTENTS>


宛名書きのワンポイント


郵便番号
少し右に傾けて書くと、スッキリ大人っぽくまとまります。

住所
長くても2行に収まるように。郵便番号を書いた場合は都道府県は省いても可。
マンション、ビル名などは2行目に。
1行目の住所より1字下げて書くのが基本ですが、短い場合は、下のほうに書くとバランス良し。
また、番地などは、漢数字を使うこと。

会社名
住所とほぼ同じ大きさで書く。「株式会社」を「(株)」と略すのはNG。

部署名
社名の下に1字下げて書いても可。
改行する場合は、社名より1字下げます。
部署名は、画数の多い場合が多いので、小さく書いた方がうるさくなりません。

or
・改行し社名より1字下げて書く ・社名の下に一字下げて書く
どちらでもOK。会社名、部署名の字数で決めましょう。

宛名
ハガキの真ん中に大きく書くのが基本。
名前より、敬称の「様」は一回り大きく書くとキレイに見えます。様を大きくすることで、行全体が安定し、バランスがよくなります。
「きへん」を少し小さめに、「つくり」を大きく、最後のハライをダイナミックに流すと、とてもかっこよく見栄えがします!

ラストの「様」は大きく


長い部署名、肩書きの書き方は次のページへ≫

更新日:2005年11月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する