一般事務で働く・転職する/一般事務の仕事

★年末調整…ホントに済んでる?源泉徴収票でチェック 確定申告が必要な源泉徴収票とは

確定申告の季節ですね。とはいえ源泉徴収票はとっくにもらってるし、「関係ない」と思われてる方がほとんどでしょう。ですが念のため…あなたはホントに年末調整されてますか?源泉徴収票を見ればわかります。

執筆者:平井 実穂子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 2 次へ>>

確定申告の季節ですね。とはいえ、会社に勤めている方は、源泉徴収票はとっくにもらってるし、「関係ない」と思われてる方がほとんどでしょう。
ですが念のため…あなたは年末調整されてますか?

年末調整されてる方は、『保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』の提出を求められるし、そうでなければ、「確定申告して下さい」等の案内文が配られていると思うので、「何を今更」ですよね…。もちろん確定申告の必要のない方がほとんどなのですが…。

記事、源泉徴収票って何?を読んだ方から、「自分の源泉徴収票は画像と違う」と、ご質問をいただいたことがありました。



(↓この部分がちょっと違うということでしたが…)


そう。この記事で紹介している源泉徴収票は、年末調整済のもの。
ご質問いただいた方は、年末調整されていなかったので、「違って」いたのですが、ご自分では年末調整されてないことをご存知なかったのです。

年末調整されていないということは、年税額が確定していないということ。確定申告しないといけませんし、すれば税金が戻ってくることが多いのです。
なので念のため、お手元に届いた源泉徴収票、改めてチェックしてみて下さい。自分が年末調整されているかどうかは、源泉徴収票を見れば確実にわかるのです。

【年末調整されていない源泉徴収票とは?】

では、「年末調整済」の源泉徴収票と、どこが違っていたのでしょう?
他にも違うところはいろいろありますが、
年末調整されていない源泉徴収票には、「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」欄に何も書いてありません。
例えばこんな風に。

種別 支払金額 給与所得控除後の金額 所得控除の額の合計額 源泉徴収税額
給料賞与 950,000 ブランク ブランク 5,000

収入を103万円以内に抑えているパートさんなどで、年末調整されていない方の源泉徴収票がこのタイプ。
たまたま収入の多い月に控除された所得税は、確定申告することで全額戻ってきます。
もちろん103万円以上の方も、確定申告で年税額を確定させれば、いくらか戻ってくることの方が多いです。ぜひ確定申告して下さいね。
税金の取り戻し方:アルバイト編(暮らしの税金/ガイド記事)

また、年の途中で会社を辞めた方も、これと同じタイプの源泉徴収票が、辞めた会社から発行されます。
就職して、新しい会社に、この源泉徴収票を提出した方はいいのですが、まだ就職していない等で、このタイプの源泉徴収票がまだお手元にある方は、確定申告しましょう。
辞めた会社の源泉徴収が届いたら

自分は本当に年末調整されているのか…特に、ある程度収入のあるパートの方や、いわゆるフリーターの方は気をつけて欲しいのです。
社員と同じくらい働いているから、とか、ずっと同じ会社で働いているからという理由だけで、「当然自分も年末調整されている」と考えるのではなく、きちんと確かめてみて下さい。
「年末調整は社員だけ」という会社もあるんです≫

更新日:2004年01月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する