生命保険の税金/生命保険料控除をしよう!

確定申告で生命保険料控除を受けよう

生命保険に加入していると生命保険料控除が受けられ、税金が安くなります。会社員は年末調整で控除を受けますが、書類を提出しなかった人は、確定申告で払いすぎの税金を取り戻せます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生命保険料控除とは、支払った保険料の一定額がその年の所得から差し引かれ、所得税と住民税が安くなる税法上の特典のことです。まずは、その概要からみておきましょう。

所得税は合計して最高12万円の控除が受けられる

生命保険料控除で、少しは節約に!

生命保険料控除で、少しは節約に!

生命保険料控除は、現在、新契約と旧契約の2つの制度が並走しています。どちらも、支払った年間保険料によって異なる控除が受けられます。

新契約は平成24年1月1日以降に加入した保険に適用され、「一般の生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」、「個人年金保険料控除」の3種類となります。控除額は下表の「新契約」の計算式で計算しますが、最高額はそれぞれ4万円(住民税は2万8000円)で、合計12万円(住民税は8万4000円)です。

旧契約は平成23年12月31日までに加入した保険が対象で、「一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の2種類です。控除額は下表の「旧契約」の計算式で計算します。最高額はそれぞれ5万円(住民税は3万5000円)で、合計10万円(住民税は7万円)です。

新・旧の両方に加入している場合は、それぞれの制度で控除額を計算しますが、合計12万円(住民税は8万4000円)が限度額になります。
生命保険料控除の計算式は、新契約と旧契約とで異なります

生命保険料控除の計算式は、新契約と旧契約とで異なります


生命保険料の控除を受けるには?

生命保険料控除を受けるには、自営・自由業者は毎年、確定申告が必要です。会社員は会社から年末に渡される「給与所得者の保険料控除等申告書」に記入し、毎年10月ころに保険会社から送られてくる「生命保険料控除証明書」と一緒に提出すれば、会社で年末調整してくれ、手続きは完了です。保険料を給料天引きにしている場合は、「生命保険料控除証明書」の提出は必要ありません。

でも、忙しくて書類の提出をしなかった、うっかり提出し忘れた会社員の人もいるでしょう。そんな人は翌年、確定申告をすることで、払いすぎている所得税を返してもらえます。

確定申告の生命保険料控除の受け方は次ページで

更新日:2014年01月14日

(公開日:2010年03月04日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する