スキー保険、スノーボード保険とは?

スキー保険、スノーボード保険とは?

スキー保険、スノーボード保険とは?


スキー保険やスノーボード保険は、スキーヤー場で起こるさまざまな事故やトラブルに対処するために必要です。今回はスキー場でのもしもに備えるスキー保険スノーボード保険のお得度について解説します。

スキーやスノーボードでケガや事故なんてしたことがないから大丈夫、という人もいるでしょう。しかしスキーやスノーボードはスピードが出るスポーツですから、大ケガをすることがありますし知らない相手を巻き込んでしまうような事故を起こすと尚更です。

また、スキー場のコース外を滑って遭難する事故も相次いでいます。バックカントリーの人気が高まっていることも背景にあるようですが、遭難して死亡する人もでています。

スキー保険やスノーボード保険がどんな仕組みでどう役に立つのか、あるいは役に立たないのかを検証してみましょう。

スキー保険・スノーボード保険の補償は主に4つ

スキーやスノーボードの保険に必要な補償は大きく分けると下記の4つです。

・本人のケガの補償(死亡・入院・手術・通院)
・相手に対する損害賠償(ケガをさせた)
・スキー、スノーボード用品の(破損したなどの)補償
・遭難したときの救援者費用


現在は単独の商品がなく、スポーツ保険などで代用

スノーボードについては、スノーボード保険というものがあるのではなく、スキー保険に雪上滑走スポーツ(スノーボードなど)まで対象を広げたものがそれにあたります。スキー・スノーボード保険はほとんどセットプランで、1年間の保険料は安いものなら3000円~4000円位。コストパフォーマンスはいい保険でした。

過去形になっているのは、単独の保険としてのスキー保険、スノーボード保険は現在ではほぼ無くなっているためです。現在では「スポーツ保険」「スキー・スノーボードプラン」などの名称でスキーやスノーボードだけに限らない形の保険などで代用しています。「傷害」「賠償」「用品」(+遭難時の補償)等の先ほどの4つの損害がカバーできれば、他の保険を使っても代用できるからです。

スキー保険・スノーボード保険と言っているものの、これらのスポーツ以外のスポーツや事故も補償するケースがほとんどです。補償の範囲はよく確認してください。

誰に、どこまで、どのくらいの期間の補償が必要か考えてみるといいでしょう。家族がいる、他のスポーツもする、自転車で通勤するなどであれば必然的に必要な補償の範囲は広がります。