実際に損害賠償の事故では様々なトラブルがあります。
私たちの日常生活に関わるさまざまな事故やトラブル。損害賠償事故というと真っ先に交通事故を思い浮かべる人も多いと思いますが、今回はあえて交通事故ということではなく日常の損害賠償損害賠償請求に関わる心得ということで考えてみたいと思います。

日常生活全般というとキリはないのですが、
  • マンションなどで階下に水漏れさせてしまった

  • 自転車で歩行者とぶつかってケガをさせてしまった
というように加害者になることもあれば、
  • レストランでテーブルに置いておいたデジカメにジュースをこぼされた

  • 散歩していたら犬に噛み付かれた
など被害者になることもあります。またマンションの水漏れなどのように自分の住まいでトラブルが起きればたまったものではありません。事故の当事者と四六時中顔を合わせる可能性もあります。

このように実際いつ、どんなことに巻き込まれるか分かりません。

またクルマのように交通事故の場合には、事故の相手は最低限自賠責保険には加入していますが、上記の例に挙げたような事故では必ずしも相手が保険に加入しているかどうか分かりませんので、保険に未加入の上に経済的な支払能力がなければ、被害者も加害者も大変な苦労をします。

いずれにしても私たちは自分や家族がこうした事故の加害者や被害者になる可能性があるということを改めて肝に銘じておくことが必要です。基本的な法律論ではなくここでは保険を中心に考えてみたいと思います。