意外と知られていない、自賠責保険の手続き方法

自賠責保険の名義変更と解約はどうやるの?

自賠責保険の名義変更と解約はどうやるの?

クルマやバイクを買ったり売ったりした場合、車検証の所有者の名義変更をすることがあります。

業者から買ったなら、もろもろの手続きをお願いするケースが多いでしょう。しかし、個人間での売買や、クルマやバイクの廃車に伴う解約などの場合、自分で手続きすることがあります。

特に、強制保険である自賠責保険の手続きとなると、その処理があまり知られていないようです。自賠責保険の名義変更と解約に的を絞って、基本事項と具体的な手続きを解説しましょう。

クルマの所有者が変わったら自賠責保険の名義も変更

新車を買った場合はともかく、中古車や個人間の売買で購入した場合、自賠責保険が旧所有者のままになっていることがあります。あるいは、登録番号が変わっているのに手続きを失念していて旧登録番号のまま、というケースもあります。

自賠責保険の加入が強制となっているのは、被害者救済を目的としているからです。そのため、所有者以外の運転者が事故を起こした場合でも保険金は支払われます。

よく言われることですが、自賠責保険はその「クルマ(バイク)」に付けられている保険です。つまり自賠責保険はそのクルマ(バイク)についてまわるので、免責事由に該当しなければ、所有者が変わったからといって保険金が出ないということはありません。

※一方、任意の自動車保険は、契約者である「人」についてまわります。そのため、クルマを入れ替えても割引(増)率を引き継ぐことができるわけです。

実態に合わせて、書類上も自賠責保険の名義変更をしておくことが一番間違いがありません。

自賠責保険の名義変更の方法

自賠責保険の契約内容の変更に必要な書類は下記のとおりです。最近は小難しい業界用語は使わないのが一般的な保険業界の方向ですが、異動というのは変更すること、名義変更による変更を権利譲渡といいます。

・異動承認請求書or権利譲渡通知書
・自動車売買契約関係書類

異動承認請求書・権利譲渡通知書は保険会社の所定の書類となります。また、自動車売買契約関係書類というのは、買い取った場合なら買取契約の書類などのことです。

クルマの売買関係の書類がない場合でも、他の方法で手続きをすることは可能です。しかし、手続きに行く人がクルマの譲渡人なのか譲受人によって手続きが少し異なります。

自賠責保険の名義変更の注意点・解約の手続き方法は次ページで>>