必要な書類は全部で4つ

自賠責保険の名義を変更するには、まずは契約中の保険会社に出向くか、電話で連絡する必要があります。一度保険会社から書類を取り寄せて、必要事項を記入して再度提出……と、やや面倒な手順もあります。

保険会社から2つの書類を取り寄せる

保険金支払いをスムーズに進めるためにも名義は変更しておいたほうがよいでしょう

保険金支払いをスムーズに進めるためにも名義は変更しておいたほうがよいでしょう

保険会社からもらうべき書類は次の2つです。

●書類1:自賠責保険承認請求書
名義変更をリクエストするための書類です。通常、電話等で依頼すると「自賠責保険承認請求書」が送られ、他の書類との返送を依頼されます。

●書類2:自賠責保険証明書

自賠責保険の証明書の原本が必要です。コピーでは対応できないので注意しましょう。

譲ってくれた人に関わる書類も必要

相手を問わず、譲ってくれた人の意思を確認できる書類も必要になります。

●書類3:譲渡意思の確認ができる書類
譲渡してくれる人が営業所へ出向き、免許証などを見せてくれれば必要ありません。それが叶わなければ、「譲渡人名義の車検証」「保険契約者の実印+印鑑証明書」などが必要になります。

●書類4:登録番号を変更する場合の書類
250cc以下のバイクで登録番号を変更する場合には保険標章が必要になります。保険標章とはナンバープレートに貼ってある、自賠責保険の有効期限を示したステッカーです。登録番号を替えないのなら、書類1~3があれば手続きOKです。

実は自賠責保険は名義変更をしなくても大丈夫

満期まで残り数か月の場合など、名義変更はやや面倒。実は自賠責保険は契約している自動車、バイクが対象になるので名義変更しなくても有効なのです。

Q.自動車(バイク)を友人から譲り受けました。一緒に譲り受けた自賠責保険証明書の名義は友人のままです。名義変更しなくても保険金は支払われますか?(損保ジャパン日本興亜ホームページ「自賠責保険 よくあるご質問」より)

とはいえ、自賠責保険と任意保険の名義が異なると手続きが若干面倒なケースも出てきます。期限が長ければ変更しておいたほうがよいでしょう。

【関連記事】

バイクの自賠責保険と任意保険の違いって?
バイクの任意保険、あなたは入っていますか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。