保険料が任意保険の10分の1にもなりうる!

特約を有効活用することで保険料を大幅に抑えることができます。条件があえばご検討ください。

特約を有効活用することで保険料を大幅に抑えることができます

「ファミリーバイク特約」とは125cc以下のミニバイク、または原付にのみ有効な特約です。

まずは大前提として、バイクを運転する人、またはその人と同居の家族の誰かが任意の自動車保険に加入している必要があります。
なおバイクを運転する人が別居でも、自動車保険の記名被保険者が親なら特約をつけられます。その場合、婚姻歴のない未婚の子というのが条件になります。

バイクの任意保険には等級制度があり、スタート時には割引が小さいので保険料は高くなります。しかも年齢が16~20歳と若い場合には、年齢条件の影響もあり、さらに負担は大きくなります。

保険料は月額で9000円前後、年間10万円超ということも珍しくありません。しかしファミリーバイク特約なら、保険料は年間7000~3万円以下に抑えることが可能です。

特約加入の条件は以下の2つです。

  1. バイクを運転する人、または同居家族の誰かが任意の自動車保険に加入している
  2. バイクが125cc以下である

前述のとおり、自動車保険の記名被保険者が親なら、別居の子(未婚・婚姻歴なし)も特約に加入できます。大学生活で自宅から離れて1人暮らし、という場合にも有効です。

特約で補償はどうなる?

保険料が安いので、補償がどうなるか不安に思うもいるでしょう。任意のバイク保険とその中身を比較してみます。

■任意のバイク保険
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
自損事故:1500万円
無保険車傷害:2億円
搭乗者傷害:200~500万円
人身傷害補償:1000万円~
車両保険:付帯可能
※人身傷害補償、車両保険を付帯すると保険料は高くなります。

■ファミリーバイク特約
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
自損事故:1500万円
無保険車傷害:2億円
搭乗者傷害:補償されません
人身傷害補償:1000万円~
車両保険:付帯不可
※保険金は全て加入中の自動車保険に準じます。
※人身傷害は付帯すると保険料が高くなります。
※実際には自損事故タイプか、人身傷害補償タイプのいずれかを選ぶ契約となります。

両者を比較した場合、搭乗者傷害を除けば、ほぼ補償内容に差がないことがわかります。一方、保険料は、「任意のバイク保険」で高ければ10万円前後、「ファミリーバイク特約」は自損事故タイプで8000円前後、人身傷害補償タイプで2万~3万円と大きな差があります。

ファミリーバイク特約のメリット&デメリット

最後にメリットとデメリットをまとめておきましょう。

■メリット
  • 保険料が安く済む
  • 主契約の自動車保険に年齢条件があってもファミリーバイク特約は制限なし(30歳未満不担保でも17歳も補償範囲)
  • バイクが何台でも補償可能(125cc以下)
  • 借りたバイクで事故を起こしても補償可能(125cc以下)
  • 特約を使っても等級に影響なし(ノーカウント事故)
■デメリット
  • 自動車保険をやめると特約もなくなる
  • 人身傷害補償付きのタイプだと保険料が高くなる
  • 10年以上バイクを使用するなら不向き。通常の任意バイク保険のほうが安くなることも(等級による割引が期待できない)
  • 125ccより大きなバイクは加入できない
  • ライダーが別居の未婚の子の場合、結婚してしまうと特約の付帯が不可に

向こう20年間バイクを利用するという人なら、バイクの任意保険、通学で3~4年しか使わないという人ならファミリーバイク特約というのが目安になりそうです。

【関連記事】

バイク保険の「等級」ってなんだ?
バイクの自賠責保険と任意保険の違いって?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。