もし事故を起こしたらどうなる?

自賠責保険は弱者救済のための保険です。事故を起こせば、高額な賠償金を自分で負担する必要があります。

自賠責保険は弱者救済のための保険です。事故を起こせば、高額な賠償金を自分で負担する必要があります。

自賠責保険は加入が義務付けられています。それは被害者のためでもあり、加害者のためでもあります。未加入の場合、事故を起こさずとも検挙されればペナルティが科せられます。

自賠責保険に未加入だと、誰かをケガさせたら、自賠責でカバーできるはずだった賠償金を全て自分で用意しないといけません。自賠責の補償は以下の通りです。

・死亡時 3000万円
・後遺障害 最高4000万円(要介護の重度認定時)
・傷害120万円

賠償額は高額化の傾向があるため、自賠責の範囲を超えるケースも珍しくありません。「自賠責保険でカバーできるのは最低限の補償だけ。でもないよりはあったほうがよい」と認識しておきましょう。余裕があれば任意保険に加入して、万一の場合に備えておきましょう。

自賠責が切れたバイクに乗っていたら?

自賠責保険に加入していなければ一般道を走行できません。もし保険未加入、または切れていた状態で走れば、罰則が科せられます。

1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・6点減点(免許停止処分)

これらのペナルティを現実に科せられたら「入っておけばよかった」と後悔してしまうはず……。保険料のほうがずっと安く済みます。くれぐれも注意しましょう。

更新を忘れないためには

自賠責保険の満期が近くなれば、保険会社から「満期のご案内」といった書類が郵便で送られてきます。まずは保険会社からの書類にしっかり目を通しておくことです。そのため、契約期間中に転居などした場合には必ず保険会社に連絡しておきましょう。

もしも、切れていることに気づいた場合は、バイクに乗らないことが第一です。続いて保険会社の代理店窓口(バイク店、修理工場など)に相談、また夜間や休日ならコンビニで加入することも可能です。無保険でバイクに乗ることだけは避けてください。

【関連記事】

バイク保険、イマドキはコンビニで加入する
バイクの自賠責保険と任意保険の違いって?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。