交通事故の際、警察への届出はどうする?

被害者側からは特に交通事故時の警察への届出は必須です。特に被害者の場合、損害賠償を受ける立場ですからなおさらです。

しかし実際には、事故が物損だけの軽微な場合などには、加害者から警察に届け出ないように頼まれたりする(あるいは渋られたりする)ことや、軽微な事故で自分が急いでいれば届けないでいいかと考えてしまうこともあります。

このとき相手が事故現場での約束を反古にすることもありえます。警察に届けたからといって過失割合が変わるわけではありませんが、事故の事実と状況をかたちに残しておくことは重要です。

交通事故の現場状況の証拠の保全、目撃者の確保

交通事故被害者
交通事故で過失ゼロなら?
できることには限度がありますが可能な限り、目撃者の確保(氏名、連絡先、証言の依頼など)であるとか現場の状況(写真の撮影)、事故当時のクルマの位置などを確認してください。

現場の写真は、現場全体の写真(なるべく色々な角度から)やスリップ痕、事故車両、路上に駐車していたクルマなどを写しておきましょう。できれば車であればドライブレコーダーがあれば申し分ありません。

自分はもちろん相手の車の動きも正確にわかります。相手や自分が勘違いしていることもありますから、ドライブレコーダーがあることで実際の事故の状況をお互いに見ることができるのは迅速な解決へ非常に有効です。

また事故相手と話をするなら、スマホなどにある音声を録音できるアプリなどを使えるようにしてください。少なくても事故状況(相手が一時停止を無視をした、信号はこちらが青だったなど)などはきちんと言質を取っておくといいでしょう。

ただし、実際に事故の現場でそんなに冷静でいることは難しいのも現実です。保険会社や保険代理店などにも事故状況を話つつ、何をしておけばいいか指示を受けるようにしてください。第三者(自分の味方)と話をすると気持ちが落ち着きます。

保険会社への事故報告と過失ゼロ時の対応

心構えという意味でここは知っておいてください。被害事故の場合、相手が100%損害賠償してくれると思ったらそうでなかったということはありえます。

通常、保険会社が相手方との示談交渉に入るのは、契約者にわずかでも過失がある場合です。自分が無過失であると主張するなら、自動車保険を契約している保険会社が示談交渉に入ることは難しいと思っていてください(アドバイスを受けることはもちろん可能です)。

こういうときはあきらめてくださいと言っているのではありません。これが分かっていないと交通事故があったときに、本来、自分の味方であるはずの契約先の保険会社相手に要らぬストレスをためることになってしまいます。

自動車保険に弁護士費用特約などがあればまた違う対処が可能です。自動車保険の契約のある人は覚えておきましょう。交通事故の被害者になった場合、理不尽な思いをする確率が低くなるように、可能な範囲でできる対処を日頃から考えておいてください。

※交通事故の状況等によりさまざまなケースがあることはご留意ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。