オバサンなんて、イヤ!?ヨガでつくる”カワイイ”背中

後姿が元気な人はいつも若々しい
肩こり・腰痛に悩まされる冬の季節、血流が悪くなった背中ケアしてますか?

春先薄着になったとき、
「え!老けた?疲れてる?」なんて、マイナスな印象を周りに与えないよう、今のうちからちゃんとお手入れするのが、大人の女性のたしなみ。

背中を鍛えると、美しい姿勢やバランスのいいプロポーションが維持できます。背中がしなやかだと、動作が美しくなり、イキイキとした表情が生まれます。

知的な女性らしさは、「背中」から生まれるものだから。


知的な女性らしさは「背中」で決まる!

背中を引き締めるのにピッタリな橋のポーズ。背中を鍛えると同時に、腹筋も使うので、一石二鳥。おへそ周辺が温まってくるのを楽しもう。

【橋のポーズ】
(基礎&アレンジ)
 




【基礎編】
 
(1)足は骨盤幅、両手は体側へ置きます。肩を引き下げ、耳から肩までの空間を維持しましょう。

ひと息吐いて>準備。

 
(2)骨盤を恥骨の方から徐々に持ち上げます。

腹筋がゆるんだり、ひざが開かないよう注意し、呼吸は自然に続けます。

 
(3)肩からひざまで、まっすぐなラインでキープ、骨盤をしっかりと持ち上げます。この姿勢でゆっくり5呼吸。

※骨盤を持ち上げるのがつらい人は、両手を腰にあて、サポートしましょう。