バリ島北西部&北部

ジャングルとビーチ、両方楽しめるムンジャンガン
このエリアへはクタ周辺から車で約3時間はかかるでしょう。なので、気軽には行けませんが、何度目かのバリ島だったら、ぜひ!とおすすめしたいエリアです。ジャングルや小さな漁村など、素顔のバリ島に出会えるはずです。

■ムンジャンガン
ムンジャンガン・ジャングル&ビーチリゾート。乗馬やシュノーケリングなど自然を舞台に遊べます
バリ島の北西端にあるムンジャンガン。スミニャックから車で約4時間にある西バリ国立公園に指定されたエリアです。ジャングルとビーチが出会う地で、南部ビーチリゾートとも、ウブドとも趣きが異なる大自然系リゾートです。ムンジャンガン島はダイバーにとって憧れのダイビングスポットですが、シュノーケリングでも十分、楽しめます。そして温泉も有名。

ステイ先は、ムンジャンガン島の対岸にあるバニュウエダン周辺にあります。各部屋で温泉が楽しめるミンピ・リゾート・ムンジャンガンやサファリ気分や乗馬も楽しめるムンジャンガン・ジャングル&ビーチリゾートなど個性的です。ちなみにムンジャンガンとは、地元の言葉で“鹿”。海を渡る鹿、見ましたよ。

 

■ロビナ
早朝にイルカと会えるロビナビーチ。写真の中のイルカ、見えます?
バリ島の北部中央寄りにあるロビナビーチは、メインストリートも「あれ?」と思ううちに通り過ぎてしまう、少しひなびた漁村的雰囲気。この小さな村が注目を集めたきっかけは、毎朝出没するイルカの群れの存在。ジュクンと呼ばれるアメンボウのような船に乗り込み、沖で野生のイルカ達と出会います。群れの数は、聞くところによると、200頭とか! イルカ様!とばかりに、巨大なモニュメントも建てられています。

クタやスミニャックの喧騒を逃れたバックパッカー向けのロスメンのほか、上質なリゾートや中級リゾートもあります。

 

バリ島東部

クタやスミニャックなどの喧騒を逃れたバックパッカー達が注目しているのが、バリ島東部。中でもアメッドは小さなバンガローが増えています。東部の中心となるのが、チャンディ・ダサ。アマンリゾーツやアリラ・リゾーツなど憧れブランドのリゾートもありますヨ。

■チャンディダサ
ダイビングスポットであるアメッドへはチャンディダサを拠点に
近年、バイパスが開通し、俄然行きやすくなったチャンディダサ。ダイビングスポットのアメッドやトランバンへのベースとして、ダイバー御用達のエリアです。そして、アマンキラやアリラ・マンギスなど憧れリゾート目当てにこの地へ訪れる人も。

チャンディダサからは、バリ・アガ(バリ島の先住民で昔ながらの精霊信仰をしている人々)の村、トゥガナンへ行くこともできます。この村で作られるバッグなどのアタ(つる草)製品や、高い技術を誇る貴重なダブルイカット(経縦絣)の“グリンシン”は、一生モノの宝物になるはず。

■バトゥール山とキンタマーニ高原
標高1717mのバトゥール山とその周辺に広がるキンタマーニは、日中でも涼しく感じる高原地帯。クレーター内のバトゥール湖(対岸にはバリ・アガの村、トルニャンがあります)でのんびり釣りをしたり、トヤ・ブンカ村の温泉施設でゆるりとしたり。ハイライトは、早朝のバトゥール山登山でしょうか。山登りに慣れていないとハードに感じるでしょうが、雲海から登る朝焼けは感動モノ。個人的に気になっているのは、バリ島原産のキンタマーニ犬。足が短く、素朴な顔つきがキュートですヨ。このエリアへはクタなどからの現地発着ツアーが便利です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。