バリ島中部 ウブド ~緑の息吹に包まれた、芸術の村ウブド

ウブド郊外のテガラランのライステラス。絶景です!
バリ島の中部にあるウブドは、森と渓谷の村。スピリチュアルな空気に惹かれてか、多くのアーティストが集まってきた歴史があります。アルマやネカ美術館やギャラリーをめぐり、バリ絵画と出会うのも一興。そしてぜひ体験したいのが、伝統舞踊のショーです。毎日どこかしらでレゴンダンスやケチャ、バロンダンスなどの演目が催されています。会場によっては星空の下で観賞することもでき、まさに神々へ捧げるための踊りといった趣です。また、ウブドから少し離れたテガラランのライステラス(棚田)も見ておきたい、絶景です。

人気のバロン・ダンス。芸術の村ウブドで観賞すると感動もひとしお
町歩きのランドマークとなるのは、ウブド王宮や市場周辺。ショッピングやレストランはハノマン通りやモンキーフォレスト通り、ラヤ・ウブド通りへ。手の込んだ工芸品やブティックなどのお買い物などアーティスティックなアイテムが見つかるでしょう。個人的におすすめのグルメとしては、本格フレンチの「モザイク」やおしゃれな「ラマ」、ワルン系(地元の食堂)ならウブド王宮前にあるバビ・グリン(豚の丸焼き)の「イブ・オカ」やネカ美術館近くにあるスペアリブの「ヌーリーズ」、そしてアヒル料理の「ベベ・ブンギル」、渓谷の眺めを愛でられる「カフェ・インダス」などでしょうか。

 

ウブドのラグジュアリーなヴィラは渓谷沿いのロケーションを選ぶ傾向あり
ステイ先は、大型リゾートは一部で、主流は瀟洒なヴィラになります。アユン川やプタヌ川が眼下に流れる渓谷のエッジに建つロケーションが、ラグジュアリーなヴィラの傾向ノあるようです。そして静寂を求めるのか、豪華ヴィラは中心地からどんどん広がっていく流れがあるようです。

ただし、ウブドには流しのタクシーはありません。車をチャーターするか、レンタル自転車などで回ることになります。

バリ島の離島
秘密の島ヌサ・レンボガンはできれば1泊を

バリ島沖のヌサ・レンボガンのメインビーチ
バリ島の東沖に浮かぶ離島、ヌサ・レンボガン。天草の産地として知られ、「30年前のバリ島のよう」との声も。バリ島からの1日クルーズで気軽に訪れることができますが、できればメインビーチにある小さなブティック・リゾートに滞在したいところ。島での過ごし方は、サーフィンやシュノーケリングなど。ヒミツのビーチを自転車で探したり、島の4分の1を占めるマングローブ林をカヌーで探検するのも、お楽しみです。