行く場所によって気をつけたいインドネシアのトイレ

最近のインドネシアのトイレ事情について、特に観光客が訪れる場所などは、以前と比べると全体的にかなり改善されてきたように見受けられます。しかし、どこでトイレを利用するかによって、衛生面・使い勝手が異なるのがインドネシアでのトイレの注意点。安心して使える順番に紹介をしたいと思います。


【高級ホテル内のトイレ】安心して使えます

高級ホテル内のトイレ

日本とほぼ変わりがない清潔で機能的な高級ホテル内のトイレ

五つ星、四つ星などの高級ホテルのトイレ設備は洋式のタイプの便座で、機能は日本と変わらないくらいに整っていると思います。アジアの国ではトイレットペーパーを流してはいけない地域もあると聞きますが、バリ島では日本と同じ、トイレットペーパーは流して構いません。

電動ウォシュレットの機能は付いているところと、付いていないところがありますが、便座の横に小さなつまみがあって、水が出てくるタイプが備わっていることが多いです。便座部分も清潔に清掃がされているので、特に問題なく直接便座に腰掛けて大丈夫だと思います。


【観光客スポットのトイレ】比較的きれい

レストランのトイレ

観光客向けのレストランのトイレです。トイレットペーパーも完備

観光に出かける場合、外出先のトイレ事情をある程度知っておくと、トイレに行くタイミングも合わせて計画ができるかと思います。ランチなどをする際、観光客向けのレストランを選べば、だいたいのレストランでは西洋式の便座で比較的きちんと掃除もされており、直接腰掛けて使用しても大丈夫なレベルだと思います。気になる方は除菌シートで便座を拭くと良いでしょう。

観光スポット内のトイレは、場所によっては有料です。入り口にお金を入れる箱が置いてありますが、料金は日本円で約20円から50円くらいです。


【観光スポット以外のトイレ】紙の代わりにシャワー

ワルンのトイレ

あまり衛生的でないので、できれば便座に腰掛けない姿勢、あるいは持参のティッシュを便座に敷きましょう

観光客向けでないワルンと呼ばれる食事どころ、あるいは観光途中の店などでトイレを使う場合、現地の人も共有するトイレは衛生面でかなり劣ります。場所によってはトイレットペーパーを置いていないトイレも多いです。現地の人も使うレストランにはトイレットペーパーの代わりに水を使うハンドシャワーのような装置が付いていることが多いです。

ハンドシャワーですが、現地の人が用を足すとき、トイレットペーパーを使う人があまりいません。水で流して左手を使って局部を洗います。そのせいもあり、左手は不浄の手と呼ばれています。バリ島の現地料理は手で食べることもありますが、その際は絶対に左手は使いません。人と握手したり、物を差し出すときも必ず右手を使います。

また、洋式の便座に慣れていない現地の人は土足で便座に上がったりするので、便座に足跡が付いていることもあります。できることなら、見た目に不潔なトイレでは腰を宙に浮かせて、用を足すのがオススメです。かなりつらい姿勢ですが、ガイドも何回か不潔なトイレを使った後に膀胱炎になったことがありますので、ぜひともご注意いただきたいです。


場所によっては【旧式】のトイレも......

汚いトイレ

横の貯水槽から手桶で水を汲んで流します

周りに全くトイレがなく、しょうがなく旧式のトイレを使う場合の注意点をいくつか説明したいと思います。最近は洋式の便座タイプが増えて、写真のようなトイレはよっぽどの田舎、あるいは現地の衛生的でないワルン、古びたスーパーマーケットなどでしか見かけなくなりましたが、実際に使うとなったらかなり勇気が必要ですね。

このタイプのトイレは壁に背を向けてしゃがみます。余談ですが、ガイドも最初に使った時は日本と同じ感覚で壁に顔を向けてしゃがんでしまい、間隔が狭くて鼻の先が壁につきそうになりました。

用を足した後は、手桶で横の貯水槽から水を汲んで流します。数回バリ島に来たことがあり、慣れてきたからと、現地の人の真似をして自分の局部にその水をかけないのが賢明です。溜まった水に雑菌が繁殖していることがあるので、女性は特に気をつけましょう。

ホテル内トイレ

モダンなイメージの素敵なホテル内トイレ

最後の写真であまりの汚さに驚かれたかもしれませんね。冒頭にも書きましたとおり、最近のバリ島のトイレ事情はかなり改善されており、普通に観光でいらっしゃる場合はそれほどトイレの心配をしなくて大丈夫だと思います。

おしゃれなレストランやホテル内のトイレは高級感あふれる仕上がりになっています。思わず写真を撮りたくなってしまうような、素敵なトイレがたくさんありますよ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。