台北の南西に位置する『新竹』は、冬の季節風が強く吹くため、その風を利用して作る米粉(ビーフン)の産地として有名です。今回は、風の街『新竹』でグルメを楽しむ旅をご案内します。

新竹城隍廟(シンジュウ チャンファンミャオ)周辺

写真をクリックすると次の写真に進みます
新竹で美味しいものを食べたかったら、まずは城隍廟へ向かいましょう。


台北の南西にある新竹(シンジュウ)は、台北から台湾新幹線で36分。IT関連の工場や会社が多いことから『台湾のシリコンバレー』として知られています。

新竹は冬の季節風がとりわけ強く、昔から「新竹風、基隆雨(新竹の風、基隆の雨)」と言われるほど。その風を利用して作る『米粉(ビーフン)』の産地として有名です。

写真は新竹城隍廟(シンジュウ チャンファンミャオ)周辺。今日は平日なので空いていますが、週末は台北からの観光客や街の若者が集まってとても賑やかなんです。

新竹に来たら直行したい、おすすめ屋台街は次のページへ!