オーダーのカギは、この3ステップ!

迷い始めるとどんどん時間が経ってしまうもの。短時間でオーダーするためには、この3ステップをふんで行くことがカギとなります。

■1:まず「用途」を決める。
銀行印や実印が欲しいのか、絵手紙などの作品に押す『落款(らっかん)』が欲しいのか、ビジネスで使いたいのか、ということを最初に決めておくと、字体やデザインが選びやすくなります。

私は気軽に使える印鑑が欲しかったので、かわいい印鑑を作ろうと思いました。

デザインいろいろ
四角い印鑑にするか、丸にするか……迷います。
■2:次に「作りたい字体とデザイン」を決める。
次にデザイン見本を参考に文字の配置を決めます。名前をどういった配置にするかで、印鑑を丸にするのか四角にするかということや、印鑑の大きさも変わってくるからです。それが決まったら、字体を見本帳から選びましょう。デザインと字体が決まると、曾さんが手書きで仕上がり図を書いてくださいます。

デザインの見本帳の中に、立方体の3面に一文字ずつ3文字が入ると言うデザインがありました。台湾の方は氏名が3文字なので、こういった形が可能なのですね。奇しくもガイドの名前は「早優怜」で3文字なので、これに決めました。書体は鐘鼎文(日本語では金文)と呼ばれる書体でお願いしました。

■3:最後に「使いたい素材」を決める。
瑪瑙(めのう)や猫目石(キャッツアイ)など、いろんな素材が揃っています。値段は石と大きさによって違ってきますが、めのうで1,200~2,000元(約4,100~6,800円)が中心価格です。私が選んだデザインは細めの印鑑では収まらないため、少し大きめの印鑑で素材を探しました。

光を当ててみました
めのうの印鑑に上から光を当てて、石の輝きを確かめているところです。
玉石と人との間には、出会いがあると言われています。私は紫がかったピンクめのうに縁を感じて、これに決めました。同じ石の中でどの石にするか迷ったら、曾さんに相談してみてください。上から光を当て、石の模様が一番綺麗な1本を選んでくださいます。

仕上がりは翌日です。お願いすれば、ホテルへの配達も可能です。

「かわいいはんこ」が出来ました!

ガイドの判子
立方体の中に「早優怜」の3文字が。
ピンクめのうの値段は20mmサイズで1,600元。少し変わった字体なので彫刻代が400元で、合計2,000元(約6,800円)でした。

翌日、お店に印鑑を取りに行きました。実際に判を押してその場で確認。仕上がりにはとても満足! ずっと大切に使おうと思います。


<DATA>
展文堂
リージェントホテルの前を通り過ぎ、グッチの角を曲がるとあります。

■展文堂(ヂャンウェンタン)
  • 所在地:台北市長春路四號(最寄り駅 MRT中山駅)
  • TEL:(02) 2551-0738
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:日曜
  • 地図
  • 最寄りのおすすめ観光スポット:金品茶樓(点心、茶葉)、王徳傳(茶荘、ティーサロン)(どちらも同じ通り沿いです)

    【関連記事】
  • 嬉しい楽しい!台北雑貨みやげ攻略術
  • スーパーでGET! 貰って嬉しい台湾土産
  • オーダーメイドで作る世界で1枚のブラウス
  • 台北で実現! お茶と点心の究極コラボ


  • 【関連リンク】
  • 日本アジア航空CM(オセロの2人が歌うとってもキュートなCMソングが聞けます。CMメイキング画像も要チェック!!)


  • ※1元=3.4円で計算しています(2008.2)
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。