~出物腫れ物所かまわず 自分たちが世界の主役~

photo by SAWA pasqua
楽しい食事のはずが…笑
感情表現が豊かではない日本では、ポジティブな愛情表現も少ないかわり、人前でケンカするなんてことは滅多にお目にかかれないものですよね。しかし、イタリアでは、割と気軽に目にすることが可能です(苦笑)!


ある友達に聞いた話 はた迷惑なケンカに巻き込まれて・・・


ある夜、フェデリコ(仮名)に友人のマルコ(仮名)から夕食のお誘い電話がかかってきた。フェデリコはお給料日前でスッカラカン。「お金ないから行かない」と断ると、マルコが奢るから行こうぜ。と言うので二人で近所のトラットリアに出向いた。

食事をしているとマルコの彼女キアラ(仮名)が合流。3人で仲良く食事をしていたが、ささいなことをきっかけにマルコとキアラの口論が始まった。フェデリコがとりなすヒマもなく、激高したキアラが席を立ち、「アンタと食事なんかできないわっ!ヴァッファンクーロ!」と叫んで店を出て行ってしまった。

【役に立つイタリア語講座 5】
●ヴァッファンクーロ!Vaffancuro=優しく訳すと「バカ野郎!」「一昨日キヤガレ!」。直訳すると「ケ○の穴にやりに行きな!」

罵声を浴びせられたマルコも「何を~?!」と立ち上がり、出て行ったキアラを追って店を出て行ってしまった。衆人の注目を集める中、ポツンと残されたフェデリコ。

「俺・・・お金持ってきてないのに・・・」

店のヒトに事情を話し(目の前で起きた出来事なので話すまでもないが)、近所に住むマルコとキアラの家へ向かったフェデリコ。ドアの外にもケンカの声が聞こえている。

そんな状況でも中に入れてくれるというのがなかなかオツ(?)だが、ケンカ真っ最中の二人に「取り込み中悪いんだけど・・・店の支払いが・・・」と気弱につぶやくと、さすがにマルコは、悪かったとばかりに一緒に家を出て行こうとした。すると、キアラはさらに切れ、フェデリコにまで「ブルット・フロッチェット~!」

【役に立つイタリア語講座 6】
●ブルット・フロッチェット!Brutto Frocetto=直訳すると「ブサイクなゲイ野郎」。

ちなみにフェデリコはゲイではありません。

お金ないって断ったのに、無理やり連れ出された挙句、ケンカの末、放置。おまけに怒鳴られて・・・こんな気弱なイタリア人もいる・・・という話ではなくって~、口汚く罵りあうケンカを所かまわずしながらも、マルコとキアラは今も仲良く暮らしている。




適度に吐き出して感情を貯めないってことは、仲良く続ける秘訣でもあるもんです。もちろん、根本的に粘着質で嫉妬深くて独占欲が強い・・・そんな相手ではない場合に限りますが!

ちなみにイタリア人にとっては、日本の「仮面夫婦」って関係が背筋が寒くなる程コワいそうですよ。感情が通い合わない男女がひとつの家にいるなんて・・・、不気味!なんだそうです。男女関係については、ホントにお国変われば、ですよね。



感想アンケート実施中。
アナタの一票「All About Life愛が恐怖に変わるとき  3面記事的イタリア恋愛事情 感想」
4択ですが、もしよかったらご協力下さい。



【関連サイト】
ナンパされる日本人女性にもいろいろなケースが?!
知りたい!イタリアナンパ男の実態!
イタリアのもっと平和(?)な恋愛事情を知るなら
映画「イタリア的、恋愛マニュアル」
知られざるイタリア人の秘密(?)が満載?!不定期に送られるイタリア小話が人気のメルマガもどうぞ。
ガイド岩田のメールマガジン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。