スローフードはイタリアで始まった

写真をクリックすると次の写真に進みます
新鮮な食材が彩るイタリアの食卓

皆さん、ご存知の「スローフード」という概念はイタリアで生まれ。1986年、イタリアに初めて「マクドナルド」が出店したことをきっかけに、大量生産、食品添加物、遺伝子組み換えなどが及ぼす食文化への影響に危機感が高まり、北イタリア・ピエモンテ州、「ブラ」という小さな街で発足しました。

photo by SAWA pasqua
イタリアでは、その町でしか味わえない味がたくさんみつかります
スローフードの考え方は、ファーストフードに代表される画一的でせわしない現代生活に、「スローフードな食卓」から革命を起こし、もっと生き生きとした社会を取り戻したい。というもの。

多様な風土に根付く、それぞれの食生活、嗜好、気候に適した豊富な食材、調理法。世界にはバラエティ豊かな地域の食があります。大量生産され、世界のどこでもいつでも同じように消費されてしまう食とは異なり、環境や自然を尊重し、時間の価値を見出すことができる食は、人間の心に豊かさをもたらしてくれます。

ところで、スローフード発祥の地イタリアでは、そういった考え方は「運動」と銘打つこともなく、各家庭の普段の食生活で、自然と実践されています。土地の生産物を、その土地に伝えられる伝統的な料理でいただく。おばあちゃんからマンマへ、そして食卓へ。豊かな食生活が、イタリア人がいつも元気な秘密です。

そんなイタリア人のスローな暮らしぶりが身近に体験できるのが、アグリツーリズモ滞在。忙しい日本の暮らしの中では、わかっていてもついついインスタントなファストライフになってしまうアナタも、イタリアのアグリツーリズモで地球と人に優しいエコ・スローな暮らしを体験してみませんか?たとえ数日でも元気に、そして豊かな気持ちになれるはずです!

友達同士でも一人旅で、カップルで、もちろん、お子さん連れでも歓迎ですよ。

イタリアのアグリツーリズモってなあに?と思った方はこちらをチェック!
イタリアを満喫する新しい旅のスタイル アグリツーリズモってな~んだ? 


参考:スローフードジャパン 


次のページから、イタリアのおススメアグリツーリズモをご紹介します。