週刊アスキー(7月18日発売号)「ランキング帝国」との連動企画で、羽田空港周辺、飛行機ウォッチングベスト5を発表。ガイドの独断と偏見で、お金をかけずに、東京で飛行機を間近に見ることができる5スポットを選んできました。夏休みは親子で飛行機ウォッチングに出かけてみてはいかがですか?

まず最初に、第5位と第4位の発表です。

第5位:着陸直前の飛行機が一望できる
お台場パレットタウン大観覧車

お台場観覧車
風向きによって着陸直前の飛行機が間近で見ることができます
お台場に遊びに出かけたついでに飛行機ウォッチングをしませんか?お台場は、風向きによっては、着陸する飛行機を一望できるポイントです。特にお台場のパレットタウン大観覧車からは、着陸直前で滑走路に向けてカーブする飛行機を間近に見ることができます。

羽田空港には現在3本の滑走路がありますが、お台場で間近に飛行機を見ることができるのは、海側にあるC滑走路に着陸する場合になります。飛行機は向かい風で着陸するので、同じ日でも風によって飛行機が見える時とそうでない時があります。

もし飛行機が見れなくても、大観覧車からは、レインボーブリッジや東京湾の景色など、1周約16分間の絶景を楽しむことができます。


営業時間:年中無休 10:00~22:00(金曜日、土曜日、祝祭日前日、夏休み期間中は24:00まで深夜営業)
料金:900円/1人、もしくは3,000円/1ゴンドラ
最寄り駅:ゆりかもめ青海駅すぐ、りんかい線東京テレポート駅徒歩3分


第4位:高い位置から滑走路全体が見渡せる
東京モノレール天空橋駅~新整備場駅間の車窓

羽田空港滑走路
モノレールの大きな窓から、離陸や着陸が広い視点で望めます
第4位は、パノラマラインとも呼ばれる東京モノレールの天空橋駅~新整備場駅までの車窓です。この区間は障害物がなく、高い位置を走行しているので、飛行機の離陸や着陸を広い視野で見ることができるおすすめポイントです。

モノレールの大きな窓からは、陸側のA滑走路全体とJALなどが利用する第1ターミナルビルを見渡すことができます。横風時に稀に使われるB滑走路からの離着陸がある時以外は、A滑走路の離陸もしくは着陸の一連の流れを眺めることができます。浜松町駅では乗車する時に、進行方向左側の席に座るといいでしょう。


次のページでは、「羽田空港周辺、飛行機ウォッチングベスト5」第3位を発表!