ハレの日のリチェッタ
@イタリアンレシピ

コテキーノのレンズ豆添え
Cotechino con le lenticche

大晦日はゴージャスディナー

クリスマスはもちろん、イタリアは大晦日のディナーこそが盛大に行われます。
日本であれば、簡単に「年越しそば」を食べ、翌年の福を願いますが、イタリアは伝統的に「コテキーノ(またはザンポーネ)のレンズ豆」添えを、深夜12時のカウントダウンを待ちながらいただきます。このお料理こそが、イタリアでの「年越しそば」的な存在なのです。そして12時になったと同時に、食事をしている相手とスプマンテで乾杯とキスを交わすのです。

イタリアは日本のそれとは逆で、クリスマスは家族と過ごし、大晦日は好きな人や友達と過ごします。だから、この「Buon Anno(あけましておめでとう)!」は、大好きな人達と盛大に楽しく過ごします。

そして、できるだけ「赤いもの」を身につけます。
セーターでもスカートでも下着でも。とにかく「赤いもの」を身につけて年をこすと、福を呼ぶと言われています。
この時期、イタリアのショーウインドーで「赤いもの」をよく見かけるのは、このためです。

スーパーに並ぶコテキーノ&ザンポーネ

スーパーマーケットにお肉売り場には、これでもか! というくらい、ザンポーネとコテキーノが並びます。
ザンポーネはいわゆる「豚の前足」の皮にミンチしたジューシーな豚肉がつめられています。一方、コテキーノは腸詰めで、同じく中にミンチしたお肉を詰め込むサラミのようなものです。この二つは、いわゆる年越し、お正月に食べられるので、売り場は軒並み、ザンポーネとコテキーノ一色となります。




福を呼ぶレンズ豆

コテキーノとザンポーネの料理にかかせないのが、レンズ豆。イタリアでは「福をよぶ」ということ以外に、「お金」を意味します。つまり、「儲かります」ようにという意味にもなります。
余談ですが、イタリアの人気番組「Storicia e La Notizia」では、ボウルにレンズ豆が入っており、このレンズ豆の数を電話で答えるというクイズがあります。もっともあたる人はめったにいませんが、これも「お金」に見立てている証ともいえるでしょう。

コテキーノのレンズ豆添え
Cotechino con le lenticche


【材料】6人分
コテキーノ…………………1本
レンズ豆(乾燥)…………200g
セロリ………………………1本
タマネギ……………………1個
にんじん……………………1本
にんにく……………………1片
ローリエ……………………2枚
塩……………………………適量(10g位)
オリーブオイル……………大さじ1杯

【作り方】
1. コテキーノはたっぷり目の水に入れ、レンズ豆もたっぷり目の水に入れ、一晩寝かす。
2. コテキーノをフォークでランダムに刺し穴を開ける。鍋にたっぷりと冷たい水を入れ、コテキーノを入れ、1時間程度、弱火~中火にかける。
3. セロリ、にんじん、タマネギは粗みじん切りにする。
4. 鍋ににんにく、オリーブオイルを入れ、火にかけ、香りが出たら3の野菜を全部入れ軽く炒め塩をし、ローリエを入れ、200ccの水を入れる。
5. レンズ豆を壊さないように優しく炊く。途中、水気がなくなってきたら、少しずつ足して豆を炊く。
. 皿にふんだんにレンズ豆を盛り、食べやすい大きさの輪切りにしたコテキーノを盛り付ける。

【メモ】
・コテキーノを茹でたお湯は、脂分が多いため、再利用しません。
・ザンポーネでも美味しくいただけます。(※手入れ方法が違います)
・余ったら、翌日にパイ包みにするとエレガントな仕上がりになります。

【コテキーノのお求め方法】
グルメワールドタムラ
直接、メールにてのお問合せが一番です!
shop@gourmet-world.co.jp
メールの際は、
〒、ご住所、電話番号、お名前、希望着日、希望着時間、お支払い方法、を明記お願いします。
※コテキーノはメールオーダーのみとなります。


ハレの日のイタリアンメニュー
カルパッチョ風ひとくちタルタル
アスパラとズッキーニのホワイトリゾット
サーモンのタルタル キャビア添え
タリアテッレのファンタシーア風
白身魚のホワイトクリスマス風
牛肉のタリアータバルサミコ添え
クリスマスイタリアンドルチェ 
パネットーネのティラミスパフェ
パンドーロのフルーツグラタン

トローネのセミフレッド

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。