さて、イタリアレストランでメニューを見たとき、何気ないマナーがそこにあるのをご存知でしたか? 今回は、西浅草のリストランテ ジャルディーノで食事をした時のメニューを参考に、イタリアレストランでのメニューの見方基本編をご案内いたします。イタリアンを楽しむには、さり気ない「順序」があります。それは、

ANTIPASTO(前菜)
PRIMO PIATTO(第一のお皿)
SECONDO PIATTO(第二のお皿)
DOLCE(デザート)

の順番です。
 

 

アンティパスト( ntipasto )前菜

まず 前菜のAntipasto(アンティパスト)またはAntipasti(アンティパスティ)ですが、メニューの1段目にあるものです。それでは良く使われるAntipastoの表現を御紹介しましょう。



Antipasto Misto(アンティパスト ミスト)ですが、このMisto盛り合わせの意味。ですからこれは前菜の盛り合わせになります。

Antipasto Freddo(アンティパスト フレッド)。こちらは冷たい前菜という意味。有名なCaprese(カプレーゼ)(モッツアレラチーズとトマトとバジルのお皿)もこちらに入ります。

Antioasto Caldo(アンティパスト カルド)。こちらは温かい前菜という意味。人気のFritto Misto(フリットミスト)という揚げ物の盛り合わせはこちらになります。

また、Affettato Misto(アッフェタートミスト)という生ハム盛り合わせも前菜になります。

 

プリモ ピアット( Primo Piatto )第一のお皿

そして第一のお皿といわれるPrimo Piatto(プリモ ピアット)またはPrimi Piatti(プリミ ピアッティ)ですが、大概が、アンティパストの後に頂きます。

これはイタリア料理を代表する、いわゆる「パスタ」料理のことです。
それでは良く使われる表現を御紹介しましょう。

Spaghetti alle vongole veraci アサリのスパゲッティ
(スパゲッティ アッレ ヴォンゴレ ヴェラチ)
Spaghetti alla bolognese ボローニャ風スパゲッティ
(スパゲッティ アッラ ボロネーゼ)→日本でいうミートソース
Penne all'arrabbiata 怒ったようなペンネ
(ペンネ アッラビアータ)→辛口トマトのペンネ

また、Primo Piattoには、Risotto(リゾット 米)とZuppa(ズッパ スープ)もその種類に入ります。

Risotto al nero di seppia イカ墨のリゾット
(リゾット アル ネロ ディ セッピア)
Pasta e Fagioli スパゲッティと豆のスープ
(パスタ エ ファジョッリ)
Zuppa di Verdure 野菜のスープ
(ズッパ ディ ヴェルドゥーレ)

(写真は、ポモドリーノとラグーのペンネ)

 

さて、第二のお皿Secondo Piatto(セコンドピアット)または Secondi Piatti(セコンド ピアッティ)ですが、これはフランス料理でいう「メイン」です。

 

すなわちPesce(ペッシェ 魚)Carne(カルネ 肉)です。
代表的なものとして、

Branzino al vino bianco すずきの白ワイン風
(ブランツィーノ アル ヴィーノ ビアンコ)
Tagliata di pesce spada めかじきのフィレ
(タリアータ ディ ペッシェ スパーダ)
Carpaccio con rucola e grana 牛のカルパッチョ ルーコラとグラナを添えて(カルパッチョ コン ルーコラ エ グラナ)
Costoletta alla Milanese ミラノ風カツレツ
(コトレッタ アッラ ミラネーゼ)
Bistecca alla Fiorentina フィレンツェ風Tボーンステーキ
(ビステッカ アッラ フィオレンティーナ)

(写真は、軽い煮込みのカチャトーラ)
 

ドルチェ( Dolce )デザート

最後にデザートのDolce(ドルチェ)です。
これはご存知なものが多いはずです。

Tiramisu ティラミス
(ティラミス)→マスカルポーネチーズと卵のデザート
Panna Cotta パンナコッタ
(パンナコッタ)→生クリームのプリン仕立てのようなもの
Zuppa Inglese ズッパ イングレーゼ
(ズッパイングレーゼ)→シロップ漬けのスポンジのケーキ
Zucotto ズコット
(ズコット)→ドーム型のスポンジケーキ。中にナッツ、チョコチップ、生クリームがあります。ズコットとは帽子の意味もあります。
Cannoli カンノーリ
(カンノーリ)→リコッタチーズをホルン型に入れた、シチリアのドルチェ

というところです。 (写真はDOLCE MISTOデザート盛り合わせ パンナコッタとブルーベリーのジェラート)

 

そして他に、野菜が欲しいという方にはContorno(コントルノ)付け合せというのもあり、Dolceの前に、もう一口という方にはFormaggio(フォルマッジョ)チーズをおススメします。

一例としてあげましたが、イタリア各地方や多くのレストランで異なります。ただal~で地方都市の名前が付いている場合、その土地のお料理になります。そして~風と訳されることが多いです。

さぁ、これで横文字が並ぶイタリア料理のメニューも怖くないはず! 積極的にオーダーしよう!!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。