さて、イタリアレストランでメニューを見たとき、何気ないマナーがそこにあるのをご存知でしたか? 今回は、西浅草のリストランテ ジャルディーノで食事をした時のメニューを参考に、イタリアレストランでのメニューの見方基本編をご案内いたします。イタリアンを楽しむには、さり気ない「順序」があります。それは、

ANTIPASTO(前菜)
PRIMO PIATTO(第一のお皿)
SECONDO PIATTO(第二のお皿)
DOLCE(デザート)

の順番です。

まず 前菜のAntipasto(アンティパスト)またはAntipasti(アンティパスティ)ですが、メニューの1段目にあるものです。それでは良く使われるAntipastoの表現を御紹介しましょう。
 



Antipasto Misto(アンティパスト ミスト)ですが、このMisto盛り合わせの意味。ですからこれは前菜の盛り合わせになります。

Antipasto Freddo(アンティパスト フレッド)。こちらは冷たい前菜という意味。有名なCaprese(カプレーゼ)(モッツアレラチーズとトマトとバジルのお皿)もこちらに入ります。

Antioasto Caldo(アンティパスト カルド)。こちらは温かい前菜という意味。人気のFritto Misto(フリットミスト)という揚げ物の盛り合わせはこちらになります。

また、Affettato Misto(アッフェタートミスト)という生ハム盛り合わせも前菜になります。

さぁ、続いてパスタ料理のPrimo Piatto