ローマ風 サルティンボッカ

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかずソテー

 

調味料として使えるのが「生ハム」

イタリアンでは、生ハムを「調味料」として使う料理が多いです。ご紹介するローマのサルティンボッカも、生ハムを調味料に仕立てた使い方。お肉料理をお肉で調理するという面白いお料理です。サルティンボッカとは「口にすいすい運ばれちゃう」という意味もある言葉で、それだけぱくぱくといただけるお料理。手順の少ない、簡単なメインディッシュです。

ローマ風サルティンボッカの材料(ローマ風 サルティンボッカ

ローマ風 サルティンボッカ
牛もも肉 スライス200g
生ハム 適量
セージ 適量
無塩バター 10g
白ワイン 50cc
レモン 1/2個

ローマ風サルティンボッカの作り方・手順

ローマ風 サルティンボッカ

1:

牛肉は軽く叩き、塩をして、セージの葉をのせ、生ハムでくるみ、爪楊枝で止める。

2:

軽く熱したフライパンにバターを入れ、1のお肉を入れ、片面を焼き、片面に返すとき、白ワインを注ぎ、フランベする。お肉を皿に盛り、レモンを添える。

ガイドのワンポイントアドバイス

重めの赤ワインより、軽めの赤ワインか重めの白ワインとの相性抜群です。セージはドライよりも、フレッシュな葉を使うことをオススメします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。