あなたの家では、ご飯をいつ炊きますか?
三度三度の食事のたびに炊くという方は、 あまりいらっしゃらなくて、 たいていは、朝か、夜のどちらか一方なのではないかと思うのですが、いかがでしょう。
昨日紹介したのは、 ご飯を、「夜炊いて、残りを保温しておいて、朝食とお弁当に使う」といった方用のレシピ 朝起きたら豚の角煮&卵の醤油煮が出来ていた!お弁当でした。 今日は、「朝炊いて、保温しておいたごはんを夜も食べる。」 方用のレシピを紹介します。出かける前に仕込んでおけば、仕事や出先から戻ったら、 すぐに、卵入り豚の角煮丼を食べることができます。

 

朝仕込んで夜食べる



炊飯器角煮丼

豚の角煮どんぶり


使用した材料 2人分

・豚バラブロック .......170g
・塩 ...................少々
・黒胡椒 ..............少々
・はちみつ  ............小さじ2
・しょう油 ............大さじ1.5~2
・オイスターソース ........小さじ1
・酒 ....................小さじ1
・かつおダシ顆粒 .........小さじ1/3
・生姜  ..................4枚
・長ネギの青い部分 .......10cm位
・ゆで卵 ................2コ

・ごはん ................2人分
・白髪ネギ ...............適宜


作り方

1. 沸騰した湯に塩を入れ、冷蔵庫の冷たい卵を静かに入れて10分間茹で、冷水で冷まして皮をむく。

豚肉を4つに切り、塩少々をふりかけてすりこみ、ゆで卵を作った後の熱湯をかけ、すぐに流水につけて冷やし、水気を拭く。

2. 耐熱ポリ袋に、肉を入れ、調味料、生姜、長ネギを入れて軽くもみ、ゆで卵を入れ、空気を入れないように 口をきっちり結ぶ。漏れ予防のために、 もう一枚のポリ袋に入れて口を結ぶ。

3. 保温してあるご飯の上にのせて保温を続ける。

4. 9時間後、ネギと生姜を捨て、汁を耐熱容器にあけて冷ます。

5. 氷を入れて脂を固め、網杓子で氷と脂をすくい取り、ラップ無しで電子レンジにかけ、とろりと煮詰める。(鍋にあけて煮詰めても良い。)

卵と肉をからめる。

6. 丼にご飯を盛り、卵と肉をのせ、タレをかける。 白髪ネギを天盛りする。お好みで練り辛子を添える。


きのう紹介したのは 【朝起きたら豚の角煮が出来ていた!お弁当】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。