家にある色んな調味料を組合わせたら、新しい味にめぐり会えるかもしれないよスペシャル! 名古屋風でもあり、田舎風でもあり、韓国風でもあるような、ピリリと辛い鍋焼きうどんを作りましょう!この味、くせになるかも。

麺料理レシピ集

 

世界で1つだけの

味噌煮込みうどん

みそ煮込みうどん


使用した材料 1人分

・鶏肉 ......................40g
・白菜 ......................1/2枚
・長ネギ  ...................1/3本
・キノコ  ................少々
・南瓜  ....................薄切り1枚
・かにかま .....................1本
・竹輪 ...............2~3切れ
・卵 ...................1個
・うどん玉 ...............1玉

・おろししょうが ......................小さじ1
・みそ ......................30g(大さじ2弱)
・コチュジャン ......................小さじ1
・麺つゆ  ...................小さじ2
・砂糖  ................小さじ2
・キムチの素  ....................(お好みで)小さじ1/2
・酒 ...........大さじ2
・水 ...........2カップ
・かつおダシ顆粒 ...........小さじ1/4


作り方

1. 土鍋に、小さく切った鶏肉、おろし生姜、コチュジャン、ミソ、砂糖、麺つゆ、酒を入れて火にかけて炒り煮して、肉にしっかり味をからませる。

(多少のコゲは香ばしさになる。)

2. 肉が煮えたら水を加え、ダシの素を入れて煮立たせ、白菜、長ネギ、うどん、南瓜、椎茸、竹輪等、煮えにくい材料を入れて蓋をして煮込む。

(この時に味見して、キムチの素を加える。が、加えなくても、美味しい味になってるはずなので、お好みで。)

3. 最後にかまぼこ等をあしらい、卵を落とし、蓋をして火を止める。  


味を作るポイント
家にある調味料を、手当たりしだいに入れて行くのではなく、 あの時食べたあの味といった、自分なりの“目標の味”を決め、 それに近づけて行くために、調味料を加えていきます。何を入れればその味になるのか分からない時は、煮汁をスプーンに取って思い当たる何かを加えて味見をします。そうやって作り上げた味は、あの時食べたあの味にはならないかもしれないけれど、確実にあなたが生み出したあなたの味です。


昨日紹介したのは 【鶏肉と白菜の牛乳煮】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。