今年は名古屋で愛知万博が開催されます。 それを記念して、愛知県の郷土料理を作ってみました。 牛のスジ肉は秋田産。参考にした味は大阪のどて煮。赤味噌は名古屋で購入した八丁味噌。作り手は東京産の山形育ち。 ということで、お鍋の中は小さな万国博覧会!!
牛スジ肉は、 白もつ煮込みのレシピで作っても美味しいです。

 

愛知の郷土料理に挑戦

牛スジのどて煮

牛スジのどて鍋


使用した材料

・牛すじ肉 ........................1キロ
・人参 ..........................1本
・牛蒡 ..........................1本
・こんにゃく ....................1枚
・大根 ..........................450g
・乾し椎茸 ......................7枚(水で戻す)
・ニンニク ......................7片
・しょうが ......................2かけ
・赤唐辛子 ......................1本
・長ネギ ........................1~2本

・酒 ............................150cc
・八丁味噌(赤味噌) ............120g
・砂糖 ..........................大さじ4
・黒砂糖 ........................大さじ1
・しょう油 ......................大さじ3
・カツオの粉だし(顆粒だし等で良い) ..................小さじ2


作り方

1. 一口大に切った牛すじ肉に、米のとぎ汁をたっぷり入れ、生姜の皮と長ネギの青い部分を入れて、1時間ほどゆでて、ザルにあけ、水にさらす。

(長ネギと生姜は途中で取り出す)

大根と人参は銀杏切り。コンニャクは一口大に切り(又は手でちぎる)ゆがく。牛蒡は斜め切り。椎茸は4つ割り。

2.1.)を鍋に入れ、スライスした生姜、ニンニク、種を取った赤唐辛子、水8~9カップ、酒150ccを入れて火にかけ、 煮立ったら、砂糖、味噌、しょう油、粉だしを加え、弱火で30分以上煮る。

3. 味見して味を調える。煮汁がだいぶ煮詰まって、好みの味になったらできあがり。 器に盛り付け、刻みネギを天盛りする。お好みで七味唐辛子をふりかける。

ひと言
調味料の分量はアバウトです。最初少なめに加えて煮込み、味見して好みの味に仕上げてください。

昨日紹介したのは「本日の献立」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。