お手持ちの 炊飯器の容量についての投票を お願いしてる【あなたの一票】 の途中経過によると、三合以下の炊飯器をお持ちの方が予想外に多く、炊飯器を持たない方もいらっしゃるようで。 何かいい方法はないものかと数日間考えあぐね、「あ、そうだ、鍋で焼こう!」ということになりました。  そういえば、私が初めてケーキを焼いたのは、すき焼き鍋でした。

今日は、炊飯器も、オーブンも、電子レンジも、キッチンスケールも、粉ふるいも、 ましてやハンドミキサーなんて持っているはずもない。ただ、体力と情熱だけはたっぷりある!という方のために考えた、鍋焼きケーキの作り方を 発表しようと思います。 特に、 男の子にお勧めします。今年のクリスマスは、好きな彼女のために、貴方がケーキを作ってあげてはいかがでしょうか。

使用調理道具 : 蓋付きの厚い鍋(直径18cm~21cm) ・ 泡だて器 ・計量カップ・ ボール ・ ゴムベラ ・ 金ザル

【電気炊飯器クッキング】


鍋焼きスポンジ



材料1<20cm鍋><計量カップ使用>



・卵......4コ
・薄力粉.........120g(1カップ+大さじ2強)
・砂糖.........110g(1カップ)
・牛乳.........大さじ2.5(40cc)


材料2<18cm鍋><米の計量カップ使用>



・卵......3コ
・薄力粉.........95g(米のカップで1杯)左の画像
・砂糖.........90g(小麦粉より少なめ・大さじならきっちり10杯)右の画像
・牛乳.........大さじ2


作りかた

1.小麦粉を金のザルに入れてふるう。(新聞のチラシを利用するとよい。) 砂糖を量る。牛乳を量る。

2.鍋にバターを(サラダ油でも可)塗り、小麦粉を薄くはたき、余分な粉を落とす。

3.ボールに卵をいれて軽くまぜ、砂糖を加える。別のボールに風呂の温度位の湯を入れて、その上に卵のボールを重ねて泡立てる。 卵が温まったら湯から外して更に泡立てる。泡だて器を持ち上げて生地をたらして「のノ字」が書けるくらいまでしっかり泡立てる。

4.粉をもう一度ふるいながら加える。 泡だて器をゴムベラに持ち替えて、ボールを回しながら、底から向こう側にすくい上げるようにさっくり混ぜる。

5.牛乳を40℃位に温めて加え、全体をなじませるように混ぜる。

6.鍋に流し入れる。ぴったりの蓋をする。丼をかぶせて重しをし、蓋が動かないようにする。

7.ガスコンロに火をつけて、強火にする。そこに鍋を上げる。火が鍋の高さの中間までを包むようにして(取っ手を焼かないように注意!)15~20秒間後、鍋の側面が熱くなったら、極とろ火に落とす。

8.とろ火で20分間ほど焼くと、最大限膨らむ。この膨らみをどれだけ維持できるかで出来不出来が決まる。 水滴が落ちると縮むので、鍋を絶対動かさない、蓋をあけない。

9.これが24分間焼いたケーキ。仕上げは完全に冷めてから。

10.冷ましてる途中で 一度裏返すと平らになる。


ひと言
最大限に膨らんだらもう焼けてるので、そのまま2~3分焼き続け、後は神に祈って蓋をあけ、すぐに取り出すこと。 たとえ失敗して、へなへな萎んでしまったとしても、十分美味しいので、へこたれずにもう一度チャレンジして下さい。成功したら、次は牛乳を溶かし バターに替えて作ってみましょう。

仕上げは次のページへ!

昨日紹介したのは「十一月のお弁当」 レシピはこちら!


1 / 2 / 3 次へ>>