普通サイズの海老(ブラックタイガー)に、隠し包丁を入れて伸ばし、衣をつけます。 曲がった事がだいっきらいなあなたにお勧めしたい、背筋の伸びたエビフライ。

【揚げ物のコツ】


シャキッと、エビフライ



下ごしらえ
1.エビの尻尾の先を切り落とし、水分を包丁でしごき出す。

2.エビをすこし曲げて、2~3mm下に竹串を刺し、持ち上げて背ワタを取る。

3.しっぽを残し、皮をむく。

4.しっぽを右手で持ち、心もち斜めに浅く、4~5ヶ所ほど切り目を入れる。裏側も同様に入れる。

5.エビをまな板の上に置いて、両手の指で押しつけるようにして伸ばす。 (バキッと音がする感じ)

曲がったエビの腰が伸びた!

衣つけ
6.伸ばしたエビに塩コショウする。



7.小麦粉→卵液(卵に水を少々加える)→小麦粉→卵液→パン粉の順で衣をつける。

8.約180℃の油でキツネ色に揚げる。

9. 皿に盛りつけ、タルタルソース(又はケチャップ+ソース)、マスタード、レモン等を添える。

タルタルソース
(ゆで卵1コ・玉ねぎ1/2コ分・ピクルス1本・パセリ少々・マヨネーズ1カップ・コショウ)
材料↑を刻んで混ぜる。



##コツ##

エビは伸ばそうと思えば、もとの2倍にも3倍にもなります。が、家庭で食べるのならこれくらいが 適当でしょう。(あまり伸ばしすぎるとプリプリ感が損なわれます。)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。