材料 4人分
2Cと2/3C
もち米 1/3C
出し昆布 7~10cm
15粒
小さじ1~1.5
大さじ2

栗飯の画像


つくり方


  1. 米(うるち米+餅米=3カップ)は30分~1時間前にといでザルに上げておく。
    米は米用のカップ(1合)で計った場合になります。
  2. 栗は鬼皮をむき、渋皮もむき、水にさらして水切りし、網で焼いて表面に焼き目をつける。
  3. 米を炊飯ジャーにあけ、目盛りまで水を入れ、酒の量だけ水を取り除き、酒、塩を加え軽く混ぜる。
  4. 昆布、栗を入れてスイッチを入れる。
  5. 炊き上がったら、昆布を取り除き、サックリ混ぜて器に盛る。
  6. ユカリとゴマを振りかけて食べても美味しい。

    新米なら餅米を加えなくても美味しく仕上がります。古米の場合は 醤油を数滴たらすと風味が増します。(その際は塩を少し減らす)
    自分好みの塩かげんを見つけるには、とりあえず塩小さじ1杯で炊き上げて味見して、足りない場合は少し加えて混ぜる、といった方法をとると良いです。味見のコツは、ほんのちょっぴりではなくて、普段の一口分をほおばることです。
ジャーで炊く栗入り赤飯(栗おこわ)
おいしいレシピ一覧
今週のレシピランキング
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。