パリパリの皮とふっくらの皮の2種類の鯛焼き! どれにしようかな......

ホットケーキの生地でも焼けるけど、ホットケーキじゃなくて鯛焼きなのだから、 鯛焼き仕様の生地で焼きましょうか。


基本の皮とあんこ


小麦粉200gに小さじ1/2の重曹(タンサン)、塩小さじ1/3、砂糖大さじ2杯を泡だて器でかき混ぜ、水を加えていき、薄い濃度の生地にして30分寝かす。(水の量は、屋台でみかける大判焼きの生地よりサラサラで、たこ焼きよりはトロトロになるよう、調節しながら加えて行く。)

アンを色々用意する。
小豆あん・チーズ・ハム・ソーセージ・ジャム・マヨネーズ・チョコ等)


焼きかた


鉄器の両面をガスコンロで熱し、油をペーパーで薄く塗り、生地を少々流し入れ、小豆やハム・チーズをのせて、生地をかける。




蓋をして、時々鉄器ごとひっくり返しながら焼く。左が最初下になっていた面。右が裏面。


パリパリとふんわり


左がこのレシピで作った、皮がパリッパリの鯛焼き。
右が、重曹の代わりにベーキングパウダーを使い、卵を一個加えたふっくら皮の鯛焼き。
我が家の人気はパリパリ鯛!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。