上級編
パラパラチャーハン

初級編:そぼろどんぶり
中級編:とり肉のかばやきどんぶり

このページでは、誰が作ってもパラパラに仕上がるチャーハンの、簡単な作り方を紹介します。 次に、切りやすい野菜を選んで炒めて、チャーハンにかけて、あんかけチャーハンにします。
油ハネやフライパンで、ヤケドしないように、包丁で指を切らないように、あわてないように、準備ばんたん整えてから料理してくださいね。

材料 ひとり分

ごはん200g、たまご1コ、酒小さじ1、長ネギ7cm、塩小さじ1/3、コショウ、味の素、しょう油少し、サラダ油大さじ1

作り方

1.冷ご飯(ジャーから出してさましておく)に、玉子を割り入れる。


2.シャモジでよく混ぜる。

3.長ネギを細かくきざむ。
フライパンを熱くして、油をいれ、ネギを入れ6秒くらい炒める。

4.2.のごはんを入れて炒める。
パラパラになってきたら、酒、塩、コショウ、味の素(パッパと2回ほど)をいれる。

5.最後に、しょう油を小さじ半分ほど、くわえる。


皿に盛りつける

こんな作り方も→【五目チャーハン】


◆ あんかけチャーハン

材料 ひとり分

肉少し、ピーマン、キャベツ、しめじ、トマト、きゅうり、もやし、ニンニク少量

調味料
《水大さじ4、酒大さじ1、しょう油小さじ1、塩ひとつまみ、さとう小さじ1/3、 ダシの素(味の素、中華ダシなど)少し》
片栗粉小さじ1、ごま油小さじ1

作り方

1.肉(又はベーコンやウインナー)を1センチぐらいに切る。野菜は、同じくらいの大きさに切りそろえる。 しめじは手で小分けしておく。小指の先くらいの大きさのニンニクを、ビールビンかなんかで叩いてつぶす。(または薄く切る)

2.鍋を火にかけて、ごま油を入れて、ニンニクと肉を10秒くらい炒め、次に野菜を全部入れて10秒炒める。

3.水と調味料を加え、1~2分煮る。(ダシの素は、味の素ならパッパと2回、固形スープの素なら1/6コぐらい)

4.片栗粉を小さじ1杯の水で溶いて、3.に加えてかき混ぜて、トロミがついたら火をとめる。


5.チャーハンにかける。

白いごはんにかけてもおいしい。


チャレンジしてくれた皆さんへ

どうです!じょうずに作れたでしょう。 きほんのパラパラチャーハンが作れたら、次は、チャーシュー、ベーコン、ハムなどを入れてみてください。生の肉を使う時は、ご飯を入れる前のフライパンに入れて、よく炒めることが大切です。

今回の、あんかけチャーハンの野菜は、切りやすい物を選んで使いました。包丁に慣れたら、人参や玉ねぎなども使ってみましょう。 「こんなの入れてみたら美味しかった!」 そんなメールを待ってます。

前のページは中級編の 鶏肉のかばやき丼です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。