芋煮汁と青豆ご飯

芋煮汁

材料
里芋、人参、コンニャク、ささがき牛蒡、豚薄切り肉、舞茸、厚揚げ、長ネギ

作り方
(ちぎりコンニャク)
コンニャクを、割り箸数本で突っつく。

茶碗等でひっぱりながら欠いていく。
湯通しする。
牛蒡はささがきにし水に放つ。
その他の野菜は乱切り。
舞茸は小房に分ける。

里芋、人参、コンニャク、牛蒡、出し汁を鍋に入れ、火にかける。
しばらく煮たら、豚肉と舞茸を加え、灰汁をすくいながら煮る。
野菜が煮えたら、(26cmの鍋に7分目位の量を作った場合)酒100cc、味醂30cc、砂糖大さじ1~2、しょう油100cc位、塩少量で味付け。
厚揚げを加え、味噌大さじ1~2加え、長ネギを入れ、ひと煮たち。

◆ポイント
1.里芋のぬめりが気になる人は、さっと下茹でするか塩でもみ洗いしてから調理する。
2.醤油と味噌の分量はお好みに応じて調整。

青豆ご飯

材料
米3合、青豆半カップ、出汁昆布5cm、酒大さじ2、塩小さじ1、しょう油少量

作り方
青豆を1時間ほど水に浸し、15~20分ほど、硬めに茹でる。
豆を半日~一晩水に浸しておけば、茹でずに炊いてもかまわない。

炊飯器に、米を入れ、水を目盛りまで入れ、水を30cc取り除き、酒、出汁昆布、塩、豆、しょう油を香りづけ程度回し入れ、スイッチON。

出汁昆布を取り除き、サックリかき混ぜる。

青豆は枝豆を乾燥させたものです。
(大豆の青年期が枝豆)

この青豆ご飯は、こちらのリクエストレシピです。画像付きで 詳しく紹介しました。作り方はどちらでもおいしくできます。
フレッシュな豆を使用した場合は塩味に、乾燥豆使用の場合は醤油で風味づけをするようにしています。もち米を米の1割程度加えるともちっとした食感が楽しめます。  【ご飯の味付けの基本】

【関連ページ】
山形名物【山形の芋煮会】
健康は素食から...【粗食のすすめ】
枝豆なら【だだちゃ豆】

◆◆前ページはおから。次ページはジャージャー麺。