【群馬】名山と温泉の宝庫、花の名所もいっぱい

関東地方の北部に位置する群馬県。上越国境を中心にして名山に囲まれ、数々の温泉と共に花の名所もたくさん揃っています。

《群馬》谷川岳・一ノ倉沢
《群馬》谷川岳・一ノ倉沢(2000年7月撮影)
谷川岳(★★★)
日本百名山の一つに数えられる谷川岳。夏でも雪渓が残る一ノ倉沢やロープウェイとリフトで登った天神尾根からの谷川岳の眺めなど、記憶に残る風景が揃います。

玉原高原(★)
冬はスキー・スノーボードを楽しむ人たちで賑わう玉原高原(たんばらこうげん)。夏はゲレンデが関東最大級の広さを誇るラベンダー畑に変身し、まわりを彩る高山植物と共にラベンダーの香りに包まれます。

■尾瀬(★★)
「夏が来れば思い出す……」の歌でも知られる尾瀬の湿原。初夏のミズバショウ、秋の草もみじと共に尾瀬沼、燧ヶ岳、至仏山などの素晴らしい風景を目の当たりにすることができますよ。

■日本ロマンチック街道
日光(栃木県)から群馬県内を通り軽井沢・小諸(長野県)へ至る観光ルートが日本ロマンチック街道。ルート上には、吹割の滝(★)、ロックハート城(★★)、白根山(★★)、鬼押し出し(★)などの観光名所がずらりと並んでいますので、ドライブを楽しみながら巡るのもいいですね。

■草津温泉(★★)
日本一の湧出量を誇る草津温泉。湯畑にわき出す大量の温泉が生み出す湯煙が風情をさらに引き出していますね。外湯めぐりも楽しいですよ。

■吾妻渓谷と川原湯温泉(★)
利根川の支流、吾妻川が作り出した吾妻渓谷は、新緑と紅葉が美しい渓谷です。吾妻渓谷のすぐ上流に位置する川原湯温泉は、奇祭「湯かけ祭り」で知られますが、建設中のダムが完成すると情緒あふれる温泉街が水没する運命を抱えています。

■榛名山(はるなさん、★★)
美しい山容を持つ榛名富士と榛名湖の風景が印象に残ります。ロープウェイに乗って榛名湖を見下ろすこともできますよ。

富岡製糸場(★★)
明治時代、日本からの輸出品の要となった生糸を大量生産するために作られた富岡製糸場。現在も明治時代の建物が大事に保存されており、絹の歴史を後世に伝えるべく、世界遺産への登録を心待ちにしています。

鬼石(おにし)・桜山公園(★★)
冬桜の名所として有名で、冬と春の2回、マメザクラの花が咲く様子を見ることができます。タイミングが良ければ紅葉と桜のコラボレーションも楽しめますよ。

ザ・トレジャーガーデン館林(★)
館林市にある花のテーマパーク。4月から5月にかけて、芝桜やポピー、ネモフィラなどが美しい模様を描き出す風景を楽しめます。