梅雨明けと共に本格的な夏山シーズンが到来します。日本国内には美しい山容を持つ山がたくさんありますが、その中でも代表的な山々を集めて紹介した『日本百名山』という本は、一時期ブームになったこともあり、根強いファンの方が多いですね。

今回はその『日本百名山』にも取り上げられている数々の名峰の中から、上越国境にある谷川岳をご紹介します。

登山などの装備はなくても、美しい山容と共に夏でも雪渓が残る岩場や、高山植物を楽しむことができる見所がいっぱいの場所なのです。

夏でも雪渓が残る!一ノ倉沢の絶景

谷川岳・一ノ倉沢(1)
谷川岳と一ノ倉岳に挟まれた一ノ倉沢。2つの山が垂直に迫り来る谷には、夏でも雪渓が残っています(2000年7月撮影)
谷川岳Yahoo! 地図情報)は、上越国境にそびえる標高1,977メートルの名峰。上越新幹線や関越自動車道で東京から新潟方面に向かうと、谷川岳を中心とした谷川岳連峰の山並みが目の前に迫ってきます。この険しい山をトンネルで越えるとそこは新潟県。作家・川端康成が書いた不朽の名作『雪国』の舞台でもあります。

谷川岳・一ノ倉沢(2)
一ノ倉沢は、剣岳・穂高岳と並んで日本三大岩場の一つ。ロッククライマーのあこがれの地です(2000年7月撮影)
一ノ倉沢(Yahoo! 地図情報)は、一般の観光客が谷川岳の懐に一番奥深くたどりつける場所。国道291号線を山間に向かって進んでいくと、細い舗装道路が最後には途切れ、行き止まりに。ここが一ノ倉沢と呼ばれます。

見上げると左に谷川岳、右には標高1,974メートルの一ノ倉岳が目の前に迫り、迫力そのもの。谷川岳と一ノ倉岳の間にある大きな谷には、豪雪に見舞われる地域ということもあり、真夏でも雪渓が残っている風景を見ることが可能。

遊歩道の目の前に流れる沢の水は、雪渓の雪が溶けた水も加わっているので、手を入れてみると身を切るような冷たさでした。

一ノ倉沢から見えている岩壁は、剣岳、穂高岳(いずれも北アルプス連峰の山々)と並んで日本三大岩壁と称されていて、ロッククライマーのあこがれの地となっています。急峻な岩壁と雪渓を同時に眺められるこの風景は、まさに絶景と言えるでしょう。