園芸店
見切り品は、ショップの片隅に陳列されていることが多い
園芸店やホームセンターの園芸コーナーの片隅に、値下げラベルのつけられた苗が並んでいることがありますよね。
ガーデニングの楽しさに目覚めると、目にする植物すべてが魅力的に見えて、ついつい家に連れて帰りたくなってしまうものです。そんなとき元値の数割引きから、物によっては半額以下の値札がついているのを目にしたら……?実際に店頭で、買おうかどうしようか「ムムッ……」と腕組みして悩んだ事がある方も少なくないでしょう。
でも、コレって本当にお得なんでしょうか?
そこで今回はお得な見切り品の見分け方、注意点などについてお話します!
※記事中にわからない用語が出てきたときは【ガーデニング用語辞典】へどうぞ

店先の植物
買っていって、ちゃんと育てられるかな?

安物買いの銭失い?!

少しでもガーデニング経費を抑えたいと思っている方には、「値下げ」のラベルは魅力的に見えることでしょう。でも、買ってはみたものの、一花咲かせることも無く枯れてしまったのでは、結局は安物買いの銭失いの「買い損」になってしまいます。
そうならないためには、それを買ってその後長く育て続けられるかどうかの見極めが必要になります。そして「買い」かどうかの判断材料には、「なぜそれが値下げになったのか」その理由を探ることがポイントになってきます。

セール品
期間限定のセールと違い、見切り品には注意が必要

値下げの理由を探る

さて「どうして見切り品になったのか?」、その理由には各ショップで事情は様々あるでしょうが、だいたい次の様な理由が考えられると思います。
  1. 陳列している間に苗が傷んでしまった
  2. 花期(観賞期)が終わって、観賞価値が下がった
  3. 在庫数わずかで、早く片付けてしまいたい
  4. その苗を売って、その分のスペースを空けたい
それでは次ページで、具体的にこれら見切り品が「買い」かどうかについてをお話ししましょう。>>次ページへ