【プランツコレクションの楽しみ・ヘデラ編】では、いろいろな品種のヘデラ(アイビー)を収集するという楽しみ方をご紹介しました。今回は、日陰の庭を彩るホスタ(ギボウシ)のコレクションを楽しんでみましょう!
※記事中にわからない用語が出てきたときは【ガーデニング用語辞典】へどうぞ

ホスタ(ギボウシ)

ホスタの花
日陰に植えても、花が楽しめるホスタ
ホスタについては、ガイド記事【ギボウシ(ホスタ)を楽しもう!】でもご紹介していますが、ここで軽くおさらいしておきましょう。
ホスタは、日本など東アジア原産の耐寒性多年草です。このため日本の気候に適していて、育てやすい植物です。また日陰~半日陰を好む性質を持つことから、シェードガーデンには欠かせない植物として、欧米でも人気の植物です。

ホスタは、コバ~オオバまで葉のサイズや株張りのサイズは品種によって異なり、葉色も青みがかった緑、深い緑、輝くような黄金色と様々。さらに葉に入った美しい斑も魅力。どうしても暗くなりがちな日陰の庭を、明るく彩ってれる植物ですね。
なお、ホスタの管理方法については、【ギボウシ(ホスタ)を楽しもう!】の2ページ目をご参照ください。

マイコレクション

育てやすく日陰の彩りに最適なホスタ、もちろんガイドも庭のそちこちに植えています。その数は次項でご紹介するコレクターの方々の足元にも及びませんし、とても「コレクション」と呼べる域ではありませんが、ここでちょっとご紹介したいと思います。
パトリオット ゴールデンティアラ
記念すべきホスタ第一号・パトリオット 明るい葉色がお気に入りのゴールデンティアラ

キャロル カビタン
思いのほか大株になってしまったキャロル 小葉のカビタン

ナイトビフォアクリスマス ママミア
ナイトビフォアクリスマス ママミア

この他にゴールドスタンダード、ハルシオン、リメンバーミーがあります。また、カビタンの株から緑葉が出たので、株分けをして別の個体として植えています。

ホスタ(ギボウシ)コレクションのサイト

ママミアの花
ママミアの花
欧米で人気を博したホスタ(ギボウシ)、そのコレクターはもちろん日本に限らず世界中にいます。それらを全てご紹介することは難しいので、いくつか日本語のコレクターズサイトをご紹介しましょう。
すばらしいコレクションの数々、いかがでしたか? こうしてサイトを巡ってみるのも楽しいものですが、やはり直にその魅力に触れてほしいものですね。
ホスタは庭植えに限らず鉢植えでも楽しめますから、ベランダガーデナーの方もぜひ取り入れてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。