落ち葉
落ち葉も腐葉土や堆肥として有効活用したい

腐葉土と堆肥の違い

ガーデニングの中でも土作りのシーンで良く登場する「腐葉土」と「堆肥」、特に「堆肥」は名前に「肥」がつくために肥料と混同されがちですが、どちらも肥料成分としては不充分で、主に「土壌改良」の役目を担うものです。
ところでこの腐葉土と堆肥は、どこがどう違うのでしょう。

【腐葉土とは】
落ち葉(主に広葉樹の葉)が堆積して、発酵した土のこと。
保水かつ排水性が良く、通気性、保肥性がある。
=(英)leaf mold
【堆肥とは】
わらや落葉、その他動植物由来の有機物が堆積し発酵した土のこと。積み肥とも。
保水かつ排水性が良く、通気性、保肥性があり微生物の数も増えるため農業や園芸に利用される。
=(英)compost

つまり、腐葉土と堆肥の違いは原材料にあるわけですね。
またその原材料によって、チップ堆肥やバーク堆肥、牛糞堆肥といろいろな種類の堆肥が市販されています。
※チップ堆肥=剪定枝や枯れ木・枯れ枝を、砕いて細かいチップ状にし、発酵させた堆肥
※バーク堆肥=樹皮(bark)を加えて発酵させた堆肥


腐葉土の作り方
ミルフィーユのように米ぬかや土を加えると発酵が促進される

腐葉土の作り方

庭木がたくさんあって落ち葉の片づけが大変…という方は、ぜひ腐葉土作りにチャレンジしてみて下さい。

一番簡単な作り方は、庭の隅に穴を掘って落ち葉を積み重ね、そこに庭土をかけて雨よけのシート(ビニールシートやブルーシートでOK)で覆って2~3ヶ月置いておく方法です。
その後シートをはずして中を混ぜ合わせ、さらに2~3ヶ月置いておく…を葉の形がなくなるまで繰り返します。

この方法は、手間は掛りませんが時間が掛るのが難点ですね。
もう少し早く作りたい場合は、もう一手間かける必要があります。
積み上げる落ち葉と落ち葉の間に、発酵促進のために庭土と米ぬかを薄くばらまいて、ちょうどミルフィーユのように積んでいくのです。

この場合は、月に一度程度中身を混ぜ合わせてあげましょう。
早ければ3ヶ月くらいで葉の形がなくなって、黒っぽい土のような腐葉土となります。
またこの腐葉土作りは、厚手の丈夫なビニール袋などを使ってもできますので、ベランダなどでも作ることができます。
使用するビニール袋には、水抜き用の穴と空気穴を数箇所開けておきましょう。
直射日光が当たらない場所に置き、一ヶ月経ったら新しい袋に入れ替えます。
いずれの場合も、落ち葉がカサカサの状態よりもいくらか湿っていた方が良いので、雨上がりに作業するか、かき集めた落ち葉に水をかけて少し湿らせると良いでしょう。
ただしイチョウやカキの葉などは分解に時間がかかるので、腐葉土にはあまり適しません。マツなど針葉樹の葉や、笹竹の葉も腐葉土には不向きなので注意しましょう。

土
腐葉土や堆肥は、土壌改良の役割を持つ

いろいろな堆肥作りの方法

さて、ここからは堆肥作りについてお話しましょう。
前述のように主原料の違いで堆肥にも種類があるように、その作り方にもいろいろな方法があります。
一般的に行われている堆肥作りの方法は… などがあります。

この他、ミミズに生ゴミを食べてもらって堆肥を作る「ミミズコンポスター」や、ベランダでもできるペットボトルを使った堆肥作りの方法もあります。
また以前は農家を中心に、落ち葉や藁、刈り取った草などを土の上に積み上げ、そこに家畜の排泄物なども加えて堆肥化した「野積み」という方法も盛んに行われていました。

しかし、現在は「家畜排せつ物の管理適正化及び利用の促進に関する法律(家畜排せつ物法)」の施行により、防水シートを使用したり覆いを掛けるなど、家畜排せつ物が地下に浸透して地下水を汚染することなどがないよう適正に管理することが必要となっています。

それでは次ページから一般的な堆肥作りの方法とその特徴について、具体的にみていきましょう>>次ページヘ