芝生は、張る?植える?

芝生

ベタ張りされた芝生

芝生を作ることを「芝付け(しばつけ)」といいます。芝付けには、大きく分けて以下の三つの方法があります。

  1. 張芝法…切芝を張る方法
  2. 播種法…芝草の種をまく方法
  3. 植芝法…芝草のほふく茎などを植える方法
それでは、芝付けの仕方について、順に詳しくみてみましょう。

 

まずは整地!

レーキ

下地作りには、整地用トンボやレーキが大活躍

きれいな芝生を作るには、事前の地盤整備が肝心です。芝付けの方法は前項で挙げたように異なりますが、基礎作りは同じです。まずは芝生にしたいところの土を深さ20~30cm程度掘り返し、ゴロ石や古根などを取り除き、よく耕しておきましょう。

土の状態を見て、水はけが悪いようであればパーライトや腐葉土を加えるなど、土壌改良もしておきます。この状態では土はフカフカで、踏み込むとその部分だけ凹んでしまいます。土の上に板などを置いて軽く圧をかけておき(転圧)、表面を平らにならしておきましょう。このとき、芝地に水がたまるような場所ができないよう、水勾配(※)をつけておくと万全です。

整地後は、全体にしっかり散水をしておくと土が落ち着きます。散水でなくとも、しっかりした降雨があればOKです。
例:芝張り施工地の断面図

施工例:水はけが悪い場合は砂を入れるなど基礎をしっかりと

芝を植えるための土ができれば植え付けは可能になりますが、より本格的にするなら耕した土の上に砂を4cmほど敷き、その上に床土(芝植え用の培養土など)を数センチ入れて再び転圧、きれいにならした上に芝付けします。この場合、最終的にできあがった芝面がアプローチなど他の面と高さが揃うようにするため 切芝の厚み+床土+砂の分だけ掘り下げておく必要があります。

なお20~30cm掘り返しても粘土質の土で極端に水はけが悪い土地では、底に砕石を敷き詰めて排水性を良くしたり、場合によっては暗渠(※)が必要なこともあります。

※水勾配(みずこうばい)とは、水が流れるように付けた傾斜のこと。一般的に1/50(2%)程度の勾配をつける。
※暗渠(あんきょ)とは、地下に設ける水路のこと。

次ページは、張芝法についてです。