それでも、芝生を楽しみたい!

芝生

庭がなくても、芝生を楽しめる?!

芝生って手入れが大変そうだよね……とは思いつつも、「庭があったら芝生を敷きたい!」という方は多く、芝生は人気が衰えることのないグランドカバープランツです。その一方で、「庭がないから」と端から芝生を諦めている人も多いことでしょう。

そこで今回はインドアで、そして卓上で芝生を育てて楽しむ方法をご紹介します!


 

憧れのグリーンクッション

芝生のソファ

イベント出展作品の中のグリーンソファ

仕事柄ガーデニング関連のイベントに出かけることが多いのですが、そういった会場で時折、座面に芝生が敷かれた椅子やソファを見かけることがあります。造園資材として芝が身近にあると、こういったものも作れるのか……と感心したものです。

いつか自分でも試してみたいとは思っていましたが、普通ホームセンターなどで売られているのは10枚一組の切芝や1m当たり幾らのロール芝など。50センチ四方とか、少量単位ではなかなか売られていないものです。ならば……と、張り芝は諦めて、種まきで挑戦してみることにしました。

 

芝生の種をまこう!

西洋芝の種

西洋芝の種

いきなりグリーンソファはハードルが高いので、まずは卓上サイズで挑戦です。

準備したのは西洋芝の種と適当な鉢、鉢底ネット、底石、そして培養土といたってシンプルです。

芝の種は今回使用が少量なので、アタリヤ農園の100ml入りの小袋を購入。これで約0.5坪分ほど、種まきができるそうです。

鉢はプラスチックの浅鉢と、陶器のコーヒードリッパーを使ってみました。 浅鉢には鉢底ネットを敷き、底石代わりに十和田砂を敷きました。これは通常の小粒鉢底石や富士砂、桐生砂など入手しやすいもので構いません。
種まき作業

芝生の種まき作業

鉢底石の上に培養土(もちろん芝用の専用土でもOK)を入れたら、潅水して土を湿らせておきます。そこに、芝の種をまんべんなくまきます。

軽く覆土をして、土と種が密着するように、小さめの鉢受け皿などを使って、軽く圧着します。あとは、乾燥させてしまわないよう、留意して管理します。水やりには、観葉植物などによく使う「つる首スポイトボトル」が重宝します。

次ページは、発芽と刈り込みです。