芝生手入れの主な作業

ラフな芝生

芝刈りを始め、芝生には様々な作業がある

芝付け後の主な作業としては……
  • 水やり
    芝が根付くまでの水やりと、生育期、乾燥期の水やりがあります
  • 施肥
    芝の生育を促すための肥料を施します
  • 刈り込み
    芝の高さを調整する他、美観のためエッジを整えます
  • エアレーション
    芝の根を切ると同時に地中に空気を入れ、芝生を活性化させます
  • 雑草対策
    生えてきた雑草を取り除いたり、薬剤により雑草の発生を抑制します
  • 病虫害対策
    芝生に発生する病気や虫害に対する予防と対策をします
……などが挙げられます。
それでは次項から順に、芝生管理の年間作業をみてみましょう。

暖地型芝の年間管理

3月中旬~5月中旬頃が芝張りの適期です。日当たりと水はけの良いところに芝付け(※)しましょう。傷んだ芝の張替えも、この頃に行います。芝付け後は、根が活着するまで乾燥させないよう水やりをします。芝が根付いた後は、土の乾き具合を見ながら週に一回程度水やりを。夏期は乾燥しすぎに注意が必要で、水やり回数を増やして対処します。秋が深まり芝の生育が衰えたら、よほど乾燥が続いた場合を除いて、特に水やりの必要はありません。

年を越した芝も、春からは活動を再開します。エアレーションを行い、芝草の活性化を図りましょう。エアレーション後は、芝の芽土を入れておきます。
暖地型芝の年間作業の目安

暖地型芝の年間作業の目安

生育期には、芝用の肥料を施しましょう。ただし、盛夏は施肥を控えます。芝刈りは春と秋は月に1、2度の割合で、梅雨後~夏は芝の伸び具合を見ながら、月に2、3度刈り込みます。刈り込み高は、20mmくらいが雑草も生えにくくてよいでしょう。芝刈り後は、サッチを掻きだしておきます。

※芝付けについては、ガイド記事「芝生の張り方、作り方」をご参照下さい。

次ページは、寒地型芝、オーバーシーディング、雑草と病虫害対策についてです。