「浜名湖花博スナップショット」 
国際花の交流館にて…
江戸情緒を感じさせる庭
曲線を描く壁と、枕木のコントラストが美しい→
そこここで見かけるシュロ縄で結わえ付けられた石は、「関守石」。
「この石の先には行ってはいけない」という、関守の意味があるそうです。
ガーデニンググッズもこんな風に陳列すると、おしゃれに見えますね→



こちらの庭は、残念ながら中に入ることができませんでした。

「循環の庭」の中にある、「ソーラーパネルに挑戦!」のコーナー。
さあ、何ワット発電できるかな?
こちらは、サカタのタネさん出展の「みてもたべても楽しいジャルダン」という作品→
童話の世界から、ポットを使って「白雪姫」のワンシーンを再現。
いままさに白馬ならぬ鉢馬に跨った王子様が登場、物語のクライマックスです。


こちらは、「狼なんか怖くない!」、三つとも絶対吹き飛ばされないようなお家ですね。