部屋
古い和室でも、素敵なインテリアが実現できるというお手本のような部屋。5月の端午の節句には、こんな立派な兜を飾ったそうです。
古い和室に季節感を大事にしながら暮らす女性の部屋を紹介します。「大好きなものだけに囲まれて暮らしたい」というだけあって、こだわりをもって集められた、しみじみと味わいのある家具や雑貨にも注目です。

 

=INDEX=
■ 部屋の間取り
■ (大正ロマン+西洋アンティーク)÷2=平九郎さんの部屋
■ お気に入りは、お店の棚から私を見つめている
■ 日本ならではの季節と行事を愛する暮らし
■ モノを買ったら、指定席を決めておくこと



部屋の間取り

平九郎さん(35歳)
会社員
一人暮らし暦6年
間取り図

 

築30~40年は経っているという古い和室で暮らす平九郎さん。しっかりと広い押入がほしかったことや、古いものが好きだったこともあって、最初に部屋を探すときから和室を希望していたそうです。

「不動産会社に行って、私の希望を話したら、『そんな部屋はない』って言うんですよね。女性の一人暮らしだから、和室のあるマンションがいいだろうと思われたようなんです。でも、私は極端な話、長屋みたいなところでもいいと思っていたんですよ。たまたま横で聞いていた別の営業の人が『だったら、ここはどうだろう』と、この部屋を紹介してくれたんです」。(ちなみに、男性の名前ですが、平九郎さん、女性です。飼っていた犬の名前から取ったハンドルネームだそう)

確かに造りは古いですが、広くて、日当たりも風通しもよく、部屋に入った瞬間から「ここに住みたい!」と直感的に感じたそうです。古いからこそ合う『和』のある部屋がそこには実現されていました。

次のページでは、写真とともに部屋の様子を詳しく紹介します。昔ながらの和のある部屋は、まるでお祖母ちゃんのお家のように寛げます。>>次のページへ