お中元
 
お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈るお中元。品物だけをおくりっぱなしにしていませんか?また反対にお中元をいただいたら素直に喜びを表現して相手に気持ちを伝えていますか?

今回はこれからの季節にふさわしい「お中元」の送り状・お礼状をまとめてみましたのでご参考までに!

【関連リンク】
贈る前に再確認!お中元マナー


贈り物をするマナーとして大事なことは、品物を送ったままにしないこと。親しい友人ならメールや電話・FAXでもよいかもしれませんが、やはり手紙やハガキで送ったことを伝える心遣いが大切。目上の方の対してはなおさらです。日ごろお世話になった感謝の気持ちやどのような理由で贈るのかを相手に伝わるように書くことがポイント。

贈り主の心づかいを相手に感じていただくと、その後の人間関係がよりいっそうよい方向へと繋がるきっかけにもなりますよね。挨拶状は、品物よりも2~3日ぐらい早く相手に届くように出すようにします。

お中元
感謝の気持ちを込めて相手に伝えられますか?。

送り状の書き方

point1
親しい知人や友人、家族への送り状は、形式にとらわれずに、感謝の気持ちや贈り物を選んだ理由など、素直な気持ちをこめてメッセージを添えるようにした方が、親しみを感じさせられます。

point2
ビジネス上の関係や目上の方に出すと親しい人に出す送り状では、書き方や文面も変わります。この場合は、前文、末文など定型的な手紙の書き方に添って書くのが一般的。

point3
お中元は、本来ならば品物を持参して挨拶をします。ですから手紙を送る場合は、必ず時候の挨拶を書くようにします。それから感謝の気持ちを述べて本文に入るのが基本。また手紙の文末には、健康を祈ることばで結びます。


■送り状 文面事例
<本人から会社の上司へ>
拝啓 猛暑のみぎり、○○課長にはご健勝にてご活躍の趣、心からお喜び申し上げます。
日頃は、公私にわたりいつも温かいご指導ご配慮をいただき、心から感謝しております。
ささやかですが、お中元のしるしをお贈りしました。どうぞお納め下さい。
今後ともよろしくお導きのほど、心からお願い申し上げます。敬具 平成○年○月○日

<妻から会社の上司へ>
拝啓 いよいよ暑さも本格的になってまいりました。
日頃は主人が公私にわたりお世話になっておりまして、心からお礼申し上げます。
本日は心ばかりの品をお送りいたしましたので、
ご家族の皆様でお召し上がりいただければ幸いに存じます。
ますますのご健康をお祈り申し上げ、ご挨拶にかえさせていただきます。かしこ 平成○年○月○日

<妻から義理の両親へ>
拝啓 梅雨明けとともに暑さも本格的になりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
子どもたちは、夏休みを間近にひかえ、おじいちゃんとおばあちゃんに会えるのを楽しみにしております。
お盆には、みんなでお邪魔するつもりでいますので、どうぞよろしくお願いします。
お義父様のお好きなメロンを別便でお送りしましたので、よく冷やしてお召し上がり下さい。
向暑のみぎり、どうかお体をお大事に。かしこ 平成○年○月○日


■豆知識
ハガキと手紙の使い分け

一般的にはハガキは略式。気軽に書ける反面、内容を他人の目に触れる可能性があることを心得ておかなければいけません。内容を見られたくないものや目上の方などあらたまった内容のものは、手紙をおすすめします。

もらいっぱなしにしていませんか?お礼状の書き方を次でご紹介します。