参加者側からも一緒に盛り上げる大切な役目を忘れずに

秋の結婚式シーズンです。そろそろお呼ばれが気になる季節を迎えますよね。前回の「招待状が届いてから当日までの流れ」に引き続き、今回は「披露宴会場に到着してから当日の流れ」を中心にまとめてみました。

これから披露宴に招かれ、出席される方、会場に着いた時から披露宴は始まっています。新郎新婦の幸せな気分を分けてもらうつもりで、参加している側も明るく、楽しい雰囲気を一緒に盛り上げてあげましょう。
会場にはハンドバッグ以外は持ち込まないように。手荷物、コートはクロークに預けます

会場にはハンドバッグ以外は持ち込まないように。手荷物、コートはクロークに預けます



会場に到着・受付

披露宴や挙式に出席する時にもっとも注意しなければならないことは、遅刻しないことです。会場へは早めに着くように余裕を持って家を出ることが大切です。できれば、30分前には会場に着いておくように。前日に御祝儀、服装などのチェックをして、当日にはあわてないようにします。

会場に到着すると、コートや手荷物などをクロークに預け、化粧室で身だしなみをととのえます。そして開宴の15分前までに受付をすませます。

受付では、まず一礼をしてお祝いのあいさつをします。そして持参したお祝い金を渡し、芳名帳に記帳します(必ず自分で記帳を。代筆はマナー違反です)。夫婦で出席した場合、夫のあとに妻の名も並べて書きます。祝儀袋はむき出しでバッグに入れず、必ず袱紗に包んで持参しましょう。

披露宴会場でのマナー(開宴前)
夫婦で招待された場合
結婚祝いの袱紗の使い方と柄選び
披露宴の受付を頼まれた
ご祝儀袋の表書きとマナー
披露宴に出席、お祝い金は?


テーブルについた後は

開宴の時間になると、係りの人の指示で入場します。会場入口付近で新郎新婦、両親、媒酌人が出迎えている場合がほとんどですので、その場合、一礼してお祝いの言葉を手短に述べ入場します。

入場時は、新郎新婦はもちろんご両親や媒酌人にも「おめでとうございます」と声をかけましょう。

会場の係りの人に席を誘導されたら、テーブルの上の名札を確認し、着席します。その時に同じテーブルの人には軽く会釈を。初対面の人には、軽く自己紹介をして和やかな雰囲気を作れば、披露宴の間、一緒に楽しい気分ですごせられるかもしれませんね。

披露宴会場でのマナー(入場編)


次のページでは、披露宴が始まったら、閉宴・退場などについてお話いたします!>>次ページヘ