結婚式当日!受付からの流れとマナー

結婚式の受付からの流れ・披露宴当日のマナー

会場にはハンドバッグ以外は持ち込まないように。手荷物、コートはクロークに預けます

結婚式の披露宴に招かれ、出席するとき、会場に着いた時から披露宴は始まっています。新郎新婦の幸せな気分を分けてもらうつもりで、参加している側も明るく、楽しい雰囲気を一緒に盛り上げてあげましょう。

「披露宴に招かれた!準備のリスト」に引き続き、「披露宴会場に到着してから当日の流れ」を中心にまとめました。  

披露宴当日の流れ1:会場に到着・受付

披露宴や挙式に出席する時にもっとも注意しなければならないことは、遅刻しないことです。会場へは早めに着くように余裕を持って家を出ることが大切です。できれば、30分前には会場に着いておくように。前日に御祝儀、服装などのチェックをして、当日にはあわてないようにします。

会場に到着すると、コートや手荷物などをクロークに預け、化粧室で身だしなみをととのえます。そして開宴の15分前までに受付をすませます。

受付では、まず一礼をしてお祝いのあいさつをします。そして持参したお祝い金を渡し、芳名帳に記帳します(必ず自分で記帳を。代筆はマナー違反です)。夫婦で出席した場合、夫のあとに妻の名も並べて書きます。祝儀袋はむき出しでバッグに入れず、必ず袱紗に包んで持参しましょう。
 

披露宴当日の流れ2:入場・テーブルにつく

開宴の時間になると、係りの人の指示で入場します。会場入口付近で新郎新婦、両親、媒酌人が出迎えている場合がほとんどですので、その場合、一礼してお祝いの言葉を手短に述べ入場します。

入場時は、新郎新婦はもちろんご両親や媒酌人にも「おめでとうございます」と声をかけましょう。

会場の係りの人に席を誘導されたら、テーブルの上の名札を確認し、着席します。その時に同じテーブルの人には軽く会釈を。初対面の人には、軽く自己紹介をして和やかな雰囲気を作れば、披露宴の間、一緒に楽しい気分ですごせられるかもしれませんね。
 

披露宴当日の流れ3:披露宴が始まったら

新郎新婦の入場が始まったら大きな拍手で迎え、宴のスタートを盛り上げます。

媒酌人の挨拶→主賓の祝辞→ケーキの入刀→乾杯

と、続くのがもっとも一般的な進行になります。乾杯の挨拶までは、厳粛な気持ちを持って静かに話を聞くのがエチケットです。
厳粛にそして和やかに!状況に応じたマナーを忘れずに

厳粛にそして和やかに!状況に応じたマナーを忘れずに

そして乾杯のあと食事が配られ始めたら、リラックスして和やかな雰囲気を。祝辞や余興中は食事を続けてもかまいません。同じテーブルの人がスピーチをしている時は、食事の途中でも手を止めて耳を傾けましょう。トイレのタイミングは、スピーチの合間や歓談中に目立たないように。
 

披露宴当日の流れ4:閉宴・退場・二次会に招かれたら?

両親への花束贈呈まで進んだら食事の時間は終わりです。料理が残っていたとしても未練がましくつついたりしないように。両家代表のあいさつがすめば、お開きとなります。退席する順番は特に決まりはないので、タイミングを見て退席します。

出口で見送ってくれる新郎新婦、両家の親、媒酌人夫婦には、「今日はありがとうございました。」などとお礼の言葉をかけるとよいでしょう。また、大勢の人が退席するので、出口でのあいさつは手短にすませるように。

閉宴間近には、イスの横に引き出物が置かれます。席次表、テーブルの上の席札、メニュー表は忘れずに持ち帰るのがマナーです。退場後の記念撮影は、会場の迷惑にならないように手早くすませること。

■二次会に招かれた場合は?
披露宴の後の二次会は、友人や知人たちが中心となって会費制で行うのが一般的です。招待されたら快く出席して、二人を祝福してあげましょう。


いかがでしたか?会場に着いたら披露宴もスタートします。堅苦しい決まり事はたくさんありますが、緊張して笑顔を忘れずに。そして出席した全員が「素敵な披露宴だった」と思えるようにふるまいに気をつけましょう。一緒に盛り上げる大切な役目を忘れないように。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。