結婚式・披露宴の当日に慌てないためにタイムスケジュールに沿って、簡単な心得をおさえておきましょう。

準備編

今すぐ招待状が届いても大丈夫。早めの準備で用意周到!

早めの準備で用意周到に!

■招待状が届いたら
披露宴の招待状を頂いたら、出来るだけ早めに出欠の返事を出します。遅くとも2~3日中には返信するように。 
結婚式の招待状 返事の書き方 >>

■お祝いの準備
お祝いの品物は式の1週間前までに持参し、現金は事前でも当日でもOKです。祝儀袋と新札を事前に用意しておきましょう。
ご祝儀・祝儀袋 >>

■スピーチを依頼されたら?
誰でも大勢の前で話すのが苦手の人は多いはず。自信がなくても新朗新婦へのお祝いの気持ちを言葉にするつもりで引き受けましょう。あらかじめ原稿を書いて読む練習をしておけば安心です。
スピーチのコツと文例集 >>

■余興を頼まれたら?
余興は、堅苦しくなりがちなスピーチに花を添える形で、列席者全員が楽しめる、ほほえましいものを用意。特別な芸でなくても心がこもっていれば大丈夫です。ただ一人盛り上がってしまい、座をしらけさせないようにご注意を!

■服装マナー
披露宴の開かれる時間帯、場所、形式や主催者との関係で当日の服装は変わってきますが、基本は正装です。和装の場合、未婚女性は振袖が正装になります。既婚女性は、訪問着や付け下げ、色無地にするのが一般的。和装は、着慣れていなければ不安ですが、伝統的な美しさが映えます。洋装なら花嫁の色である純白はもちろん白っぽい服は避け、花嫁より派手にならないように気をつけます。

男性は、昼はディレクターズスーツなどのフォーマルスーツ、夜はタキシードが正装。最近の披露宴は昼に行われるのが多いので、ブラックスーツなら昼夜の区別なく着られるので便利です。
結婚式の服装マナー(女性編)>>
結婚式の服装マナー(男性編)>>

次のページは、披露宴当日のマナーについて紹介します。