結婚式や披露宴に着て行く服装はもちろんフォーマルであることは常識。そして何と言っても花嫁より目立たないのが最低限のマナーであることは、今や誰でもご存知だと思います。

しかし二次会だけに呼ばれるとなると結構悩むもの。披露宴から直接参加するなら、着替えずにそのままに行くという気軽さはありますが、会場によってはフォーマル過ぎることもあります。また二次会だからといってカジュアルすぎて、一人だけ浮いてしまうのも恥ずかしいですね。

今回はTPOに合わせてどのような服装を用意したらよいのかまとめてみましたので、ご参考までに!

<関連サイト>
・結婚式の二次会出席マナー
結婚式の二次会 服装と会費


シーン1 格式ある結婚式場での二次会

フォーマルスタイルとして、ホテル内のバンケットルームや1.5次会の披露パーティー。かしこまったレストランなどがあります。

パーティー感が出るようなドレス・ワンピース・スーツなど披露宴から出席する場合が多いので振袖、訪問着でも大丈夫です。小物づかい(羽織ものなど)で少しイメージを変えてもよいでしょう。

きれい系で上品に、基本はフォーマルスタイル。カジュアルすぎず、二次会といえども肩を出さない、露出過ぎない、膝下丈のセミドレスなどおススメです。長袖ジャケットをワンピースの上に羽織とよいでしょう。二次会から参加する場合、披露宴からの出席者と比べても違和感のないようスタイルに。

パニエ付ドレス

(左)パニエ付サテンワンピース 9900円(税込) ペプラムジャケット5900円(税込) (右)パニエ付ワンピース 9900円(税込)

この秋冬人気のパーティードレス。ジャケット重ねもおすすめです。パニエ付で、セットで着るとふんわりした印象になります。七分袖ジャケットは、さらりとした素材で、季節を問わず着回しできそうです。

ネックレスは、パールなどが上品でおススメですが、二次会ですので、地味にならないようにある程度の華やかさは必要です。

アクセサリー

パール調アクセサリー 1990円~2490円(税込)
 ビジューパーティーバッグ 4990円(税込)

ボリュームのあるパールビーズと、トップにポイントを持たせたデザインパール。ブレスレットはパールビーズ&ガラスのパーツがきらりと光るセット。イヤリングは、ラインストーンとパールビーズを使ったボリューム感がポイント。華やかなベージュサテン素材にビジューがきらっと光る大きめのパーティーバッグもおススメです。

・ヘアスタイル
ロングやミディアム丈の長さはアップスタイルかハーフアップにしてすっきりとまとめましょう。食事の際、髪をかきあげて食べなければならないアレンジはNG。ヘアアクセサリーは、あまり大きくないもの。ショートタイプもそのままでなく、できるなら自分でワックスなど使ってアレンジしてみてください。