二次会におけるマナーを身につけましょう

披露宴、二次会に招待されました。 披露宴の後の二次会は、友人や知人たちが中心となって会費制で行うのが一般的です。招待されたら快く出席して、二人を祝福してあげましょう。今回は結婚式の二次会のマナーについてお話いたします。
   

出欠の返事は早目に

結婚式の二次会でのマナー ご祝儀や服装など

結婚式の二次会のマナー あなたは大丈夫?

披露宴の場合と同じように、二次会の出席の返事もできるかぎり早く出すのがマナーです。 招待状の返事の書き方は、披露宴と同じようにお祝いの言葉を添えるとよいですね。 
参考:「披露宴の招待状の返事の書き方
 

披露宴と二次会の両方に出席する場合の会費

披露宴と二次会、両方に出席する場合は、ご祝儀とは別に二次会の会費を払うのが原則です。新郎新婦側から、二次会の会費は不用という申し出があれば、その気持ちをありがたく受け取ってもいいと思います。 「気遣いには、気遣いでお返しする」それが大人のマナー。たいていの場合は、二次会の会費もきちんと払う人が多いはずです。 また、披露宴には出席したけれど、二次会は欠席してもマナー違反にはなりません。
 

二次会だけに出席する場合のお祝いは

二次会はほとんどの場合が会費制です。会費がお祝い金となりますので、二次会だけ出席する場合には、別にお祝いをする必要はありません。 ただ、友人同士でお祝いの品物を贈る場合、1人が出す金額は先方が気を使わない程度(1人2000円~3000円)に したほうがよいでしょう。遅くとも挙式の1週間前までには届くようにしましょう。
 

会費は御祝儀袋にいれる? 受付ではおつりがないように渡す

会費は紙に包まずにそのまま受付におつりがないように渡すのがマナーです。気になるなら、あらかじめ封筒などにいれて持参してもいいでしょう。
 

二次会の服装

  • 結婚式→披露宴→二次会までフルコースで出席する場合の服装
    二次会に出席する場合は、女性は、基本的に新婦よりも目立たない服装を心がけることが大切です。 通常の場合、 新婦はウェディングドレスのまま二次会へ参加するとは考えられません。新婦も二次会の為に着替えるのが普通です。 ということは、披露宴から二次会までフルコースで出席する場合は、会場の情報を事前によく調べて、状況に応じて着替えるのもいいでしょう。
  • 二次会のみ出席の場合の服装
    披露宴ほどフォーマルにする必要はありませんが、男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツが一般的です。 大切な事は二次会の会場の情報をきちんと入手しておくことです。二次会の招待状に「平服で」と明記されていて、ジーンズに派手目のジャケットという組み合わせで、いざ会場に行ってみれば、1人場違いで浮いていたという事にもなりかねないですよね。
    <注意>女性の場合、「白」は新婦の色なので、真っ白なドレスは避けるのがマナーです。
参考:「結婚式の二次会の服装 3つのシーン別マナー」、「男性必見!結婚式の二次会の服装マナー

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。