TOPトカゲスキンクの仲間>ムスジカラカネトカゲ
ムスジカラカネトカゲ
画像提供:LACERTA ROOM

ムスジカラカネトカゲ

学 名Chalcides sexlineatus
別 名:グランカナリアカラカネトカゲ英 名:Gran Canary Skink分 布:スペイン領カナリア諸島のグランカナリア島全長:15-20cm 頭胴長8-10cm

スペイン領のカナリア諸島に生息する青い尾が美しいカラカネトカゲです。

カラカネトカゲ属Chalcides はアフリカ北部、地中海沿岸、中東、インドに30種程度が知られているスキンクの仲間で、一般には円筒形で細長い体つきで、四肢が小さいという特徴があります。

本種はカナリア諸島のグランカナリア島のみに分布しており、北部と南部の個体群をそれぞれChalcides sexlineatus bistriatus C. s. sexlineatus の2亜種に分ける場合もあるようです。

金属光沢がある青い尾が特徴的で、成長に従い青みがなくなっていくニホントカゲ等と違い、本種は成体になってもほとんど消えない個体が多いようです。

砂地等に生息し、潜って生活することが多いカラカネトカゲですが、本種はどちらかというと岩場などで生活していることが多いようです。

飼育下での食性を見ると基本的に肉食性ですが、果実なども食べることがあるようです。

生態に関する情報はほとんどありませんが、他のカラカネ同様に2-7頭の幼体を出産する胎生です。

なかなか魅力が伝わりにくいのが、カラカネトカゲやマブヤトカゲといった、スキンクらしいスキンクの仲間でしょう。

特にカラカネトカゲの仲間は日本でいうところのヘリグロヒメトカゲやスベトカゲの仲間のように、地中に潜る生活をするために、飼育していてもあまり見ることができない、という実にマニアックな楽しみ方をすることになりますから。

ただし、丈夫で飼育もしやすく、よく見ると、かなりかわいい顔つきをしていて、非常に魅力的であることに気づきます。また一般には安価ですし、ネット上では意外に飼育している人が多く、ファンが確実に存在しているグループです。

特に本種は尾が青いため、地味な種類が多いカラカネの中では特別な存在です。そして何より野生動物を保護しているカナリア諸島の固有種ですから、流通すること自体が非常に少ないわけです。2009年にはEUで繁殖された本種が、大量に流通しファンを喜ばせました。ただし、ちょっと安価すぎるような気もしてしまいます。

安価なのは助かりますが、本来は非常に貴重な種類なわけで、もう少し高価なまま流通させる必要がある気がします。もともと需要が少ないトカゲではありますが、今回流通した個体を購入されたみなさんには、ぜひ繁殖まで念頭に置いて飼育に臨んでいただければな、と思います。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • カナリア諸島のグランカナリア島にのみ生息
  • 青い尾が美しい
  • ほとんど流通しない
  • 胎生
  • 飼育はしやすいらしい
飼育の基本情報
飼育容器60cmクラス以上の容器で床面積が広いもの
温度ケージの下にフィルムヒーターを敷き、夜間は光のでない保温球を利用した方がよい
照明やや弱めの爬虫類用蛍光灯を使う
床材ヤシガラ土などの保湿性がある素材。潜れるように厚めに敷く
容器内レイアウト大きめの水容器を設置する
昆虫類で良い。慣れればふやかした配合飼料も食べるらしい
基本的な世話地表性トカゲの飼育に準ずる
※「飼育の基本情報」はLACERTA ROOMを参考にしました。


<おすすめINDEX>
その他のトカゲのコミュニティサイトfrom All About
その他のトカゲfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているムスジカラカネトカゲに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。