TOPヤモリ>>ヒョウモントカゲモドキ>ラプター
ヒョウモントカゲモドキ
撮影協力:Dragon Herptile Japan

ラプター(別名レオパ、レオパードゲッコー)
ヒョウモントカゲモドキ

学 名Eublepharis macularius別 名:レオパードゲッコー、レオパ英 名:Leopard Gecko "R・A・P・T・OR"分 布:イラン、イラク、アフガニスタン、パキスタン、インド西部全 長:20-28cm

ヒョウモントカゲモドキの品種の一種です。

ラプターは「R・A・P・T・OR」つまり「ルビーアイ(Ruby-eyeed)」または「レッドアイ(Red-eye)」「アルビノ(Albino)」「パターンレス(Paternless)」「トレンパー(Tremper)」「オレンジ(ORange)」の頭文字を並べた略称です。

つまりアプターで、さらに目が均一な赤い色をしている品種です。とてもではありませんが、どうしてこのような目になるのか理解不可能です。

レオパの目は、好みが分かれるのですが、このようなソリッドな均一の色をしているだけで、まったく印象が変わってしまいます。で、確かにカワイイのが不思議です。

これも、登場したては、モノスゴイ値段だったのですが、かなり落ち着いてきたようで、購入も非現実的なものではなくなってきました。しかも、上の写真の個体は、ほとんど斑紋も残っていない見事な個体であると言えます。

さらに、これにマックスーパースノーの血まで入れて「スーパーラプター」などという品種まで登場しているのですから、一体、レオパの愛好家はどこまで行ってしまうのでしょうか...

その他の生態等の情報はノーマルレオパの項を参照して下さい。

ラプターの赤っ恥をかかない程度の知識&飼育の基本

赤っ恥をかかない程度の知識
  • 品種名はレッド(ルビー)アイ
    ・アルビノ・パターンレス・トレンパー・オレンジの略から
  • 目が赤一色
  • 斑紋はある程度残る
飼育の基本情報
飼育容器 小さめのプラケースでよい。通気はしっかりと行えるように工夫すること。
温度 基本の温度を25℃、ホットスポットが30℃、夜間は20℃程度まで下げる。飼育容器の床面の半分程度をフィルムヒーターを敷くことによって保温する。
照明 特に必要なし
床材 食べてしまっても無害の細かい砂などを敷く。カルシウム粉末をそのまま敷いても良い。
容器内レイアウト シェルターと水容器を設置する。
コオロギ、ミールワーム、ジャイアントミールワームなどの昆虫類、ピンクマウス。サプリメントは必須
基本的な世話 いわゆる乾燥系地表性ヤモリの飼育方法
  • 朝に霧吹きをして水分を摂らせる
  • 過度に乾燥させないようにする
  • オス同士を同居させない
  • 本品種のようなアルビノは、低温で飼育すると斑紋が強く出てしまうらしい
など
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2(誠文堂新光社)」「ゲッコーの本(リアルエステイト研究所)」と海外サイトを参考にしました。


【関連記事】
 



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。