TOPヤモリヒョウモントカゲモドキ>マックスーパースノー
ヒョウモントカゲモドキ
撮影協力:サムライジャパンレプタイルズ

ヒョウモントカゲモドキ"マックスーパースノー"

学 名Eublepharis macularius別 名:スーパーマックスノー英 名:Leopard Gecko "Mack Super Snow"分 布:イラン、イラク、アフガニスタン、パキスタン、インド西部全 長:20-28cm

ヒョウモントカゲモドキの品種の一つです。

本品種は、最近の白系品種の主流であるマックスノー同士の交配により得られる品種で、マックスノーにわずかに残る黄色い部分がほとんど完全に無くなったモノトーンの体色と、の虹彩が黒くほぼ黒一色(ソリッドアイ)になることが特徴とされています。マックスノーの遺伝に関してはマックスノーの項を参考にしてください。

画像の個体は、黒色の斑紋がやや多いようですが、孵化仔はほぼ完全に無斑であることも特徴です。またストライプ柄に近い斑紋パターンになりやすいのも本品種の特徴のようです。

これである程度の完成を見たとも言われていますが、世界中のレオパブリーダーたちは、さらにこれにエニグマだの、ラプターだのを交配させて、まだまだ未知の品種を作ろうとしているようですから、やはりレオパの道は奥が深いです。個人的には、白くてモノトーンのレオパは夢だったので、これでおしまいでもいいんですけど。

その他の生態等の情報はノーマルレオパの項を参照して下さい。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • マックスノー同士の交配で得られる
  • 本品種同士を交配するとすべてマックスーパースノーになる
  • 黄色が消えているのと、目が真っ黒であることが特徴
  • 幼体は無斑
  • かなり安くなったが、それでも比較的高価
飼育の基本情報
飼育容器小さめのプラケースでよい。通気はしっかりと行えるように工夫すること。
温度基本の温度を25℃、ホットスポットが30℃、夜間は20℃程度まで下げる。飼育容器の床面の半分程度をフィルムヒーターを敷くことによって保温する。
照明特に必要なし
床材食べてしまっても無害の細かい砂などを敷く。カルシウム粉末をそのまま敷いても良い。
容器内レイアウトシェルターと水容器を設置する。
コオロギ、ミールワーム、ジャイアントミールワームなどの昆虫類、ピンクマウス。サプリメントは必須
基本的な世話いわゆる乾燥系地表性ヤモリの飼育方法
  • 朝に霧吹きをして水分を摂らせる
  • 過度に乾燥させないようにする
  • オス同士を同居させない
など
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2(誠文堂新光社)」「ゲッコーの本(リアルエステイト研究所)」と海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
レオパ飼ってみましたfrom All About
両爬の色彩変異 白ヘビ様from All About

<おすすめINDEX>
ヤモリのコミュニティサイトfrom All About
ヤモリ(トカゲモドキ)from All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているヒョウモントカゲモドキ"マックスーパースノー"に関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。