全国の両爬ファンの皆さん、コンニチハ!

先だってのFAQの#4で書いたように、今回はミドリガメの冬眠のさせ方にクローズアップしてみました。
ただ、あとでよく考えてみたら、ミドリガメの冬眠の事って、以前書いた「ミドリガメの飼い方・本編」で簡単に触れていたんですよね。
でも、問い合わせが多いことでもあるし、記事として独立させた方が良いと思ったので、改めてちょこっと内容もさらに補足してご紹介しましょう。

ただし、重ねて申し上げますが「甲長5cm未満のミドリガメ、特にその年生まれの小さい個体を冬眠させることにはリスクがあるため勧めません
ご注意下さい。

冬眠に入る時期

野生の個体の場合、10℃を下回る気温になると動きも鈍くなり冬眠に入ることが知られています。
日本の場合、月別平均最低気温を見ると北海道と東北が10月後半、関東から九州が11月中ということになります。この頃になると、特に屋外で飼育している場合は、昼間も日光浴をしながら何となくうつらうつらしているような様子になります。それが冬眠入りのサインと考えていいでしょう。
ちなみに、私の住んでいる宮崎では12月に入った途端に寒くなりますので、そこから冬眠をスタートさせます。
また、以前住んでいた神奈川県では11月下旬に冬眠を始めさせました。

とにかく、その時期までに、冬眠を切り抜けることができるよう食わせるだけ餌を食わせて体力をつけさせましょう。

冬眠に必要な準備

こちらも何度も書いていますが、私が神奈川県に住んでいるときにずっと行っていた方法であり、現在はカメの種類は違いますが、無事に毎年冬眠をさせている方法です。

・冬眠用の飼育容器
以前に神奈川県でミドリガメを冬眠させていた時は「フタ付きの発泡スチロール容器」を使っていました。が、数年前あるカメでこの容器を使ったところ、どうやらこの発泡スチロールを「食べてしまっていた」フシがあり、使用はやめました。
発泡スチロールなんて消化できませんから。基本的にはフンに混じって排出されますが、小さい個体ならば消化管に詰まってしまうかもしれませんので。
ですので、なるべく大きく深さのある「衣装ケース」を使えば問題ありません。

・砂
私は基本的に「海の砂」を使っています。子どもの頃は毎年この時期になると家族で近くの海に冬眠用の砂をとりに行っていたことを思い出します。(本当は勝手に海の砂を持って帰ってはいけません...)
もちろん、海の砂ですから塩分を除去しなくてはいけません。バケツに入れて流水で何度もすすぎます。
冬眠用ケースの底に10cm程度の深さになるように敷きますから、かなりの量が必要になります。単純に計算すると衣装ケースのスタンダードなタイプは床面積が70×35cmくらいですから厚さ10cmに砂を敷くとすれば、体積は70×35×10=24500立方cm=25リットルくらいです。大きめのバケツが20リットルくらいですから一杯半もあれば十分でしょう。
また砂は非常に汚れが溜まりやすいので、1シーズンの使い切りです。

・落ち葉
何の科学的根拠もありませんが、何となく冬眠の一番のポイントでもある様な気がしています。
なるべく他のゴミが入っていない落ち葉をたくさん集めてきましょう。冬眠中のカメの布団になると考えれば、たくさんあればあるほどいいでしょう。
前にも書いたのですが、神奈川県の実家では毎年近くの小学校に行って「イチョウ」の落ち葉をゴミ袋一杯に集めて使っていました。化学の教員らしからぬ発言ですが、イチョウの枯れ葉ってなんか健康に良さそうだし。何より、この時期集めやすいですし。
私のおふくろみたいにギンナンを拾うついでに落ち葉も集めてきて下さい。

・毛布
別に毛布でなくても布団でも何でもいいんですが、要するに「遮光」と「断熱」です。
ミドリガメは野生では、水底や水辺の大木の下などに隠れて寝ています。ですから、暗い方が落ち着いて冬眠できます。
また発泡スチロールならば、それだけで外の温度の影響を受けないわけですが、衣装ケースならそういうわけにいきませんので、少しでも断熱の措置をする必要があります。
できれば一回り大きい段ボール箱などをかぶせることができれば理想なんですが。